アドラー東北は「アドラー心理学」の理論や実践講座をただ提供している場ではありません。他との違いを明確にします。

表面的な解決ではなく「根本的解決を目指す」方が対象で、素直な心で受講していただける方。

「ただなんとなく気持ちがいい・・。」といった講座はしておりません。

アドラー東北は、アドラー心理学を提供するだけではなく、その先を目指しています。最終的には、いらして下さった方が問題の解決を通して、他者と良好な関係を築きながら楽に自分らしく心も体も調和して生きられるようになること。

ですから他の心理療法や他のアドラー心理学を提供しているところをめぐってきた人ほど、その違いが良くわかり「目からうろこが何枚も落ちた」とおっしゃいます。

「腑に落ちるアドラー心理学講座」

一人一人を大事にするアドラー東北だからこそ、「ああそうだったのか。。」という自分の抱えていた問題が明確になり解決への道筋がはっきり見えてきます。

このページでは私自身の変遷と、ほかのアドラー心理学を提供しているところとの違いを書いてみたいと思います。

「アドラー心理学講座を始めたころ」

ヒューマン・ギルドで一通りの基本的なことを学び、資格を取りアドラー心理学の講座を始めたころは、ほかと同じように決められたマニュアルに添って一定の内容を伝えているだけでした。岩井俊憲先生のおかげで自己受容もでき、この素晴らしさを東北の方たちに伝えたくてたまりませんでした。

今考えるとずいぶんとマニュアル通りの大まかな講座をしていたものだと思いますし、やりながら自分でも不全感を感じていました。いらして下さった受講生に必ずしも満足していただけていないように思いました。

それでもなんとか続けてこられたのは、アドラー心理学の良さを自分なりに伝え続けたいと思っていたからですし、その神髄は人の人生を考える時、まさに本物の今の時代だから必要な考え方であるという確信が揺るがなかったからです。

こんなに対人関係が苦手な私でも変わることができた。自分が嫌いだった自分でも好きになることができた。

この素晴らしさをどうしたらお伝えできるだろうかという模索の日々でした。

「嫌われる勇気によるアドラー心理学ブーム」

何をどう伝えたらアドラー心理学の良さをわかってもらえるだろうかと思いながら細々と講座を続けて4~5年たったころ、岸見一郎先生の「嫌われる勇気」が出版され、あっという間にアドラー心理学のブームが起こりました。

受講生が増え、講座は継続していましたが、それでも自分の中で何かしら「これではダメだ、足りない」という満たされない思いがあり、自分は受講して下さる方に何をどう伝えたいのだろうとじっと考える日々が続いていました。

様々なニーズを持っていらして下さる方たちへケアも自分では満足できないのに、それでもやり続ける自分自身に一番のジレンマを感じていたと言っていいと思います。

アドラー心理学ブームで次々と関連本は出版されましたが、情報が増えるだけで、どれを読んでも心に響いてこず何か違うと感じて、模索が続いていました。その間もアドラー心理学の学びを続けてはいましたが、いったん学びをストップしました。

「アドラー心理学の知識・実践のグレードを上げる」

そんな時に日本にアドラー心理学を持ってこられた野田俊作先生の「トーキングセミナー復刻版4巻」が出版されました。

自分が求めていたものはこれだと思いました。ヒューマン・ギルドで学んだアドラー心理学の骨格にようやく欲しいところの肉付けができたような感じでした。講座のグレードとキレが違ってきたことは何よりも受講生の満足度、問題解決度に現れていると思います。

また不登校のご相談が多くなってきたこともあり、アドラーにプラスして何かを探していてブリーフセラピーにも出会うことができ、その学びと資格を取ることもできました。

「自分の求めていた命題・現在」

今の自分のやり方・スタンスは一番受講して下さる方たちと自分双方の満足度が高いと思っています。

いらした方たちと少人数でじっくり向き合う事

一人一人のニーズにこたえることができること

人材の育成を視野に入れたグレードの高い講座を提供することにより、東北でのアドラーの灯を付け続けること

目先の問題をただ解決するのでもなく、ただアドラーのセミナーを提供するのでもなく、共に人生に向き合い、支え合う仲間としての存在にお互いになること

そして最終的にたどり着いた命題、アドラー心理学を提供する、学ぶことで得られるその先の何かは、何であったかというと、「心と身体の調和をとりながら人生を自分らしく生き生きと健康に生きる」ということだったということにも気が付きました。

「アドラー東北の目指す心と身体の調和を目指す講座」

自分自身の人生を通して学んできたことの集大成が今のアドラー東北の講座です。

30代で身体を病み、40代で人間関係で行き詰まり、どちらだけでも駄目で両方揃ってこそ人は健康に自分らしく生き生きと生きられる。

今のアドラー東北は全人的なケアを視点に、他とは違った講座をご提供し皆様のお役に立ちたいと思っています。

子育てや人間関係の問題による心の不調と、それに付随する体の症状。

その双方に対処できてこそ人は真の健康を持ち続けることができると考えます。

「アドラー東北の特徴・他との違い」

1.目先の問題の対処療法でなく、根本的な解決を目指します。

2.気がついたらいつの間にか心も体も楽に生きられるようになっていたという講座です。

3.マニュアル通り、型通りの講座はしません。いつもその時いらした受講生に合った講座を提供します。

4.その場で気持ちの変化を実感できます。

5.フォローアップも万全です。

6.一定期間学び続けることにより自分で自分の問題に対処できるようになります。

7.自分の心と身体の心地よいバランスを目指し、全人的な調和をめざします。

アドラー東北のセミナーは完全予約制

アドラー東北へのお問い合わせ・お申し込みは

今すぐメール⇒お問い合わせフォーム

表面的な解決ではなく根本的な解決を目指す方をお待ちしております。

アドラー東北 高橋直子

「私が責任を持ってすべての講座を行います。」

―こんな人は来ないで!!-

要求の多い方、時間やご入金等の規則を守らないルーズな方、自己主張の強い方

「あなたの抱えた問題はほかならぬあなた自身の問題」です。

誰かや何かのせいにするのはやめましょう。