アドラー東北Q&A

はじめてのアドラー心理学セミナー

☑私のような悩みでも行っていいのかしら?

☑心理学って難しそう、ついていけるのかしら?

☑まったく素人なんだけど大丈夫かしら?

☑悩みが解決できるのかしら?

☑どんな人が来ているのかしら?

☑どんな先生かしら?

☑どんな雰囲気なのかしら?

はじめて行こうと思われると、とても不安ですよね。

でもいらした方のほとんどは「来てよかった。。」と思ってくださいます。

受講生Aさんは・・・

「はじめてなのでとても緊張しました。会場に入ってすぐに先生が笑顔で声をかけてくださって、本当に安心しました。」

皆さん同じ気持ちです。受講生はほとんどが一般の方です。

子育てや人間関係で悩んでいる方、良好な人間関係を築くには自分を変えても構わないという方でしたら

どなたでもご参加できます。

それでも不安という方はどんなことでもお気軽にお問い合わせくださいね。

画像の説明

「アドラー東北・よくあるご質問」

アドラー東北で初めて講座を受講される方からよく寄せられる質問について回答しています。自分に当てはまるものがない場合には直接お問い合わせくださいね。

アドラー東北Q&A・何から学べばいいですか?

Q・本を読んでアドラー心理学に興味を持ちました。実際にセミナーに行ってみたいのですが、何から受講すればいいのでしょうか?

A・アドラー心理学に興味を持ったというお問い合わせは多いのですが、何のためにアドラー心理学が必要と感じたのかによって学ぶものも違ってくると思います。

またアドラー東北は実際に親子関係で悩んでいたり人間関係で悩んでいる方、自分を好きになれずに悩んでいる方が、解決方法を学んで実践していく場で、やる気のある方が受講対象です。単にアドラー心理学が話題だから学んでみたいと言ったような方は対象になりませんのでご注意いただきたいと思います。また自分を変える気持ちのない方、自己主張の強い方、要求の多い方もお断りしています。

 

ですので悩みの目的別にいくつかのパターンを挙げておきます。


❤「アドラー心理学を学んで自分の抱えている問題を解決したいけれど、最初からセミナーを受講するのは不安」という方

⇒アドラー心理学勉強会
アドラー東北では毎月仙台でアドラー心理学の勉強会を開催しています。最初からセミナーを受講するのは不安という方、アドラー東北の雰囲気、アドラー心理学を学ぶ雰囲気を知りたい方はまず勉強会をご利用ください。

❤「子育ての悩みを解決したい」「子どもの教育にアドラー心理学を活かしたい」という方

SMILE

アドラー東北で年に1~2回開催しているSMILEは、子供対応のベースとなる講座です。アドラー心理学の子育て法がすべて網羅されており、アドラー心理学の実践方法はこの講座をベースに解決していくことになります。

Q・参加前に勉強しておいた方がいいことなどはありますか

事前勉強や読んでおいた方がいい本等は特に必要ありません。当日筆記用具だけご持参いただきご来場ください。アドラー心理学は一般の方が少し生き難さを感じた時のための心理学です。どなたでもすぐにわかりやすく楽しく学ぶことができます。どうぞご安心ください。

資格を取りたいのですが

アドラー東北ではリーダーの資格が取得できます。

ひとつは身近な人に勇気づけを伝えることができる「ELMリーダー」の資格です。
これはELMという勇気づけに特化した12章のコースを事前に受講いただき、リーダー養成講座に進まれますとどなたでも取得できます。

会社や学校での勇気づけの普及に、また子育て中のお仲間、身近なご友人などを集めてELMの教材を使って勉強会を開催されている方が多くおられます。どなたでも受講・資格取得できます。アドラー心理学、勇気づけの素晴らしさを知り、他者へ伝えたいと思った方に大変喜ばれている資格です。

いずれにしてもアドラー心理学の基本的な学びが身についていることが大事ですので、基礎理論やSMILE等受講されることは必要だと思います。

アドラー心理学はどこまで学べばいいのですか?

 「身についたと感じるまで必要だと思います。」

アドラー心理学は人としての生き方そのものの学びです。今までの自分の他者への関わり方を変えるのですから、人生のスタンスそのものを変えていくことになります。アドラー東北では一年を通して通って来られることが最低限と考えています。
いわゆる「知識として仕入れた」段階ではアドラー心理学の良さは活かせません。実際に「できている」ところまで学ばれることが大事です。アドラー心理学はいわば生き方、人との関わり方の「習い事」と同じですから何度もうまくいかないところを修正しながら一定期間学び続けることが大事です。そうして初めてアドラー心理学を学んだと言えるのだと思います。