「自分を好き」「自分が好き」と言いたい!!

そして生きていきたい。

 

あなたはどんな時に自分が好きではない、自分は駄目だなと思いますか?

人とトラブルを起こした時

人とうまく付き合えないと感じた時

他者の中に入って行けないと感じた時

自分の気持ちがうまく伝わらず爆発してしまった時

自分は人より劣っていると感じた時

子どもが問題を起こして親としての価値を問われる場面に遭遇した時

仕事がうまくいかないと感じた時

 

それではあなたはどんな時に自分が好きだと思えるでしょうか?

人とそれなりに仲良く付き合えている

仕事をきちんとこなしている

子どもが親の目から見てもとてもいい子に育っている

自分の気持ちを伝えられて相手もそれを理解してくれた時

ではないでしょうか?

「SMILE受講生の声」

自分では気が付かない良いところを周りの仲間の方たちに見つけていただき、自分はこんなところが素晴らしいんだと思えるようになりました。また参加するたびに勇気づけられるので元気になるのが実感できました。自分はつまらない、くだらない存在だと思っていましたが、とても楽しい時間を過ごすことができ、自信が持てました。ありがとうございました。(宮城県多賀城市・Mさん)

*********************

他者と良好な関係を築くことができるというのは、自分に自信が持てる大事なポイントであることがわかります。

また子育てについてもこんなご感想があります。

「SMILE受講生の声」

子育ての挫折から社会から孤立した気持ちでいっぱいでした。人は対等であること、周囲の人々は味方であることをもう一度思い起こさせていただきました。息子に私が味方であると思われている今は母親として自信が持てています。ここまでにたどり着けたことが本当にうれしいです。あせらずしっかり子育て頑張ります。高橋先生、ありがとうございました。(岩手県奥州市・Hさん)

*********************

 

アドラー心理学を学ぶと、まず受講生同士により勇気づけられるので、相手の良いところだけでなく自分の良さをたくさん発見できるようになります。

そして他者との良好な関係の中で、自然に他者との付き合い方を身に着けることができるようになり、自分への自信がどんどん増えていきます。

子育てについても、子育てがうまくいくようになり、子どもと良好な関係築けるようになることで自分に自信が持て、自分の好きがどんどん増えていきます。

アドラー心理学の学びの結果、子育てや人間関係が良好になることで、自分の好きが増え、結果として自分が好きだと思えるようになっていくのです。

人は一人では生きていけません。人は社会の枠組みの中で生きているのです。子育てや周りの人たちとの関係がうまくいってこそ自分の居場所や存在意義を見いだすことができるのです。

アドラー心理学の学びを通してぜひ「自分が好き」を手に入れて自信を持って自分の人生を歩んで行かれる方が増えることを願っています。

アドラー東北(仙台)では、アドラー心理学勉強会や親の会を通して毎月、良好な親子関係、良好な人間関係を築くための学びをご提供しています。その学びを通して皆さん自分に自信を持てるようになり、自分が好きを増やしていかれています。どなたでもご参加できますのでどうぞご利用ください。

仙台会場のご案内はこちらから⇒仙台会場

出会いは、それぞれの悩みを抱えたアドラー心理学の学びだったけれど、自然に仲間になるのがアドラー東北(仙台)の学びの場です。(アドラー心理学を学ぶ仲間たちの集い・しゃべり場)

あなたはありのままの自分でいられないと感じるからつらいのではありませんか?

「人は居場所を求めて行動する」とアドラー心理学では考えます。

居場所って何でしょう?

自分はココにいていい。自分は役に立っている。という感覚です。

居場所があると感じていれば、自分は自分でありながらいていいし、価値があるし、安心・安全であると思えるのです。

この状態になれば「自分が好き」と思えているはずです。

「ありのままの自分でいながら居場所を得られているという感覚を持てていること」

アドラー東北(仙台)の目指す「自分が好き」はそういう感覚を持てるようになることです。

つらいと感じているのであれば、こういった感覚が持てていないだけで、勇気づけを学び、人間関係の基本を学ぶことで、自分の居場所があると感じられるようになっていきます。

あなたもありのままの自分で居ながら、居場所があるという感覚を持て、自分の役に立っているという幸せを味わいながら人生を送っていきませんか?