仙台・盛岡・アドラー心理学講座  子育ての悩み 不登校 身近な人間関係の悩み 自分を好きになる講座

受講者の声

受講者の声

アドラー東北にはおかげさまで多くの感謝の声が寄せられています。

その中で
「自分の体験がお役に立つなら喜んで」と、自分と同じように悩んでおられる方へのメッセージとして、アドラー東北の「困っている人のお役に立ちたい」という気持ちに賛同いただき掲載を許可していただいた皆さんのご感想をここでは掲載しています。

SMILEを受講して下さった方々の感想

自己受容したくて受講しました。講座を受講する以前は必要以上にいろいろなことに責任を感じ自己嫌悪に陥ることが多々ありました。しかし講座で課題の分離を学び、誰の問題なのかを考えることでそこから抜け出せる道が見えてきました。貴重な講座をありがとうございます。(宮城県 A・Oさん)

❤ある同僚との関係がうまくいかずに受講しました。SMILEで、正の注目や勇気づけを学び、その方に「ありがとう」や「助かったよ」などと声をかけたり態度で表せるようになり、相手側も同じように声掛けしてくれたり友好的になってきました。(福島県 T・Tさん)

❤思春期の子供との関係に悩んでいてアドラーの本に出会い受講しました。子供を支配しようとしていた自分に気づかされました。何から取り組んで行ったらいいのか明確になり重くのしかかっていた悩みから解放されました。(仙台市 N・Sさん)

❤子どもが不登校・発達障害があり、どうしたら子どもが学校へ行けるか、子どもの将来の事に悩んでいる時嫌われる勇気でアドラー心理学を知り、こんな考え方があるんだと思いSMILEを受講しました。今までの子供との関係があまり良いとは言えるものではなかったと思いました。子どもに負担をかけていたのだと思いました。SMILEで受けてうなずくことがたくさんありました。これから実践していこうと思います。(宮城県 K・Tさん)

❤子どもに対して怒ってばかりいる自分を変えたくて参加しました。初めてのイヤイヤ期に息づまりながらもなんとか子育てをしていました。その時に第二子が生まれ自分のキャパオーバーに。毎日怒鳴ってばかりの日々を過ごしていました。その時アドラー心理学を知り、自分と家庭の環境を変えたくて参加しました。SMILEを学ぶことで子供たちの良さを再確認。そして怒りのコントロールを身につけることでイライラしていた日々をが少しずつ変わっていくことを実感。毎日楽しく過ごさせていることに感謝できるようになりました。SMILEを知らなかったら虐待までしていたかも・・なんて考えています。今回このような機会を持ち学べたことに感謝しています。
(仙台市 R・Mさん)

❤小学5年生の息子が不登校で悩んでいたこともあり、アドラーの講座を一度受けた後、親子関係を学ぶためにSMILEを受講しました。「明るい家族」になるためには今までやっていた方法ではまずいんだなということを学びました。親子が「ヨコの関係」として、お互いに尊敬・信頼していけるように今日から家族一人一人に、夫も含め毎日勇気づけをしていきたいと強く思っています。視点が変わりました。たくさんの気づき、勇気づけに励まされました。ありがとうございます。(仙台市 I・Sさん)

❤自分を好きになって毎日楽しく生きたいと思い受講しました。
自分では気づかない良いところを周りの仲間の方々に見つけていただき、自分はこんなところが素晴らしいんだと思えるようになった。また参加するたびに勇気づけられるので元気になっていくのが実感できた。自分はつまらない、くだらない存在だと思っていつ方はぜひ参加してみてください。とても楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。(宮城県 N・Mさん)

❤親兄弟・夫との人間関係の中でイライラが募ってどう処理していいのかわからなくなっていました。
原因を探すより目的が大事、さらに人間関係を見直すことを学んでいくうちになぜかほとんどイライラしなくなりました。(仙台市 N・Hさん)

❤SMILEとは?勇気づけとは?を学びたかったので受講しました。「勇気づけ」とは「困難を克服する力をつける」ということだと理解しました。初めてHPを見て約1年、ようやくSMILEが学べたという喜びと安堵感で感じているところです。情報で頭がパンパンです。ゆっくり何度でも復習していこうと思います。ありがとうございました。(仙台市 S・Kさん)

❤ELMで自己受容することができていたので、次はSMILEをやってみようと思い今回参加しました。あらためて対人関係での自分の癖がわかりました。
息子に対して、旦那に対して、ママ友に対して、これからどんな幸せな関係が築いていけるかと思うととてもとても楽しみです。直子先生、ありがとうございました。(青森県つがる市-A・Tさん)

❤SMILEでは参加者の方々のお話をたくさん聞くことができ、また普段の自分についても聞いていただくことができるので、学んだことと、日ごろの生活がどう結びついているのかがよくわかります。勉強が浅い自分ですが、質問も自由にできるのでとても理解が深まりました。何回も参加した地気持ちになります。(青森県八戸市-M・Kさん)

❤アドラー心理学を学んでいるメンバーとのSMILE再受講は、内容が濃く充実していました。また自分の中で身についていることも実感でき、うれしい発見でした。
自分を好きに思えることが増え、自分らしさを大切にできるようになったとも思いました。これからも学び続けたいと思います。今後もよろしくお願いします。いつも愛情とユーモアたっぷりの講座ありがとうございます。
(秋田県秋田市-H・Hさん)

❤再受講で改めて気づいたことや詳しく内容の把握ができたことは今回大きな収穫です・また少人数のグループであったこともあり、自己開示とともにメンバーの内面等も聴くことができ、新たな気づきがありました。先生の問いかけや説明もすんなり落とし込めたことも成果となっています。
(宮城県仙台市-K・Iさん)

❤危機的な状況の時ほど本当のチャンスと考えることができました。不登校というきっかけで自分を変えるチャンスを与えてくれた子どもにも感謝です。セミナーが温かい雰囲気の中で学ぶことができました。高橋先生からいただいた言葉はすべて自分の力になりました。自分を肯定的に見られる部分がだいぶ増えました。ありがとうございました。これからもアドラー心理学を学びながら実践を続けていきたいです。(秋田市・Hさん)

❤今回自分自身のためでもあり仕事でも役立てることができればと思い受講させていただきました。私の中でもっとも気になったのが課題の分離です。自分と他者との課題をしっかり分けることで気持ちがとても楽になりました。これから子どもを持てたら子育てをしていく中で役立てていきたいです。そして自分のことを認めてあげること、好きになることも大切なことだと再確認しました。今日の勉強で学んだことを少しずつ自分の身にしていきたいです。(仙台市・Yさん)

❤未婚なので「親子関係セミナー」と聞いて受講するかどうか迷ったのですが、親子に限らず様々な関係性の中で活用できる内容で、多くの気づきを得られました。ELMでの学びが深まったと思います。(多賀城市・Sさん)

❤親子関係でこれまで課題にしてきたことや自分自身の中で解消しきれずにいたことが毎日クリアになり具体的な行動に直結できることに手ごたえを感じました。単なる座学でなくワークを通しあぶりだされていくことも多く、また他参加者の方の目線も大きな気づきになりました。ありがとうございました。またこれからもよろしくお願い申し上げます。(仙台市・Sさん)

❤今回SMILEを二日にわたり学ばせていただきありがとうございました。自分のできているところ、わかっているところの確認をしながら逆に良くわかっていなかったところ、知らなかったところ等多くの気づきがありました。日々ふれていないと忘れてしまうことだと思うのでネットの投稿にふれながらより自分の中に落としていきたいと思います。(須賀川市・Kさん)

❤今日のSMILEを受講して自分の中で変わったのは客観的視点が持てるようになったことです。相手の課題と自分の課題をわけられるようになったり相手の全だけを見ていくなど自分の主観だけに振り回されたり考え方を学んだのはとても大きいです。今後より良い人間関係を築けるよう今回学んだことを活かしていきたいと思います。(仙台市・Sさん)

❤以前から「人は人によってのみ癒される」という言葉にひかれていましたが今ひとつ真の意味を捉えかねていました。アドラーを知るごとに共同体の中でよりよく生きる、自分自分自身と他者を勇気づけるという考えをつかめているような気がします。幸せです。❤SMILEは子育てという過程を通しての学びでしたが、遠く子育てを終えた自分にも自身が成長できる機会でした。ELMで押さえきれていなかった部分を実践的に学習、納得できたと思います。(岩手県盛岡市・心理カウンセラー・Cさん)

❤いろいろな流派に接してきました。理論の勉強は私の能力内でいろいろやってきました。何か日常的な実践理論を取り込めないかのをずっと感じていました。アドラー心理学は私の中でとても良い時期に自然な形で出会ったと思います。そして直接研修会の先生が、高橋先生であったことが大きな糧になりました。これからもよろしくお願いします。(青森県八戸市・保育士・Wさん)

❤子育てに即活かすことができ勉強になりました。子どもが不適切な行動(と私が思っている)を繰り返す理由に思いを巡らせ日々実践しています。失敗を恐れず勇気を持って行動できる子どもに育ってくれることを願い私も勇気づけられる人になりたいと思っています。ありがとうございました。
(秋田県能代市・主婦・Sさん)

❤ロールプレイなどをはさみながらできたのが良かったです。論理的解決などまだ自分の中で咀嚼できていない点もあるのでもう一度、二度と・・本を読んだりしながら深めたいです。自分の仕事、子育てのためにと申し込みましたが、結局私自身が高橋さんや参加者の方からたくさん勇気づけていただきました。学んだからと言って即実践と行かない自分の弱さを十分自覚しながらもよりよく子どもと関わりたいと願う自分自身にも気づけました。理論と実践の往還、これからも続けたいです。そして自分自身の考えが「楽」になれました。(福島県郡山市・Hさん・教員)

❤生徒との接し方がかなり変わりました。生徒の行動を見て「なぜこんな行動を取るのか?目的は何か?」を考えてみるようになり、感情的に怒ることがなくなりました。いろいろ学ぶことで自分の中にゆとりができるようになりました。参加して本当によかったです。ありがとうございました。
(福島県郡山市・Kさん・教員)

❤セミナーを受けて子供と接するときの違和感が減り、自分がそう感じていることが子供にも伝わるのか、子供も私に対して好意的に接してくれるようになったように感じます。子供のことを「大切な信頼する友人として考える」ということ、自分にとっては大きな収穫でした。(仙台市・Aさん・女性)

❤親と子の関係がテーマでしたが、子供がいない私も大きな学びの場でした。職場での人間関係、私と親との関係を改めて考える場でありました。また私自身の事、自分のことを見つける場であったと思います。そして何より参加者の皆さんの雰囲気、高橋先生の場づくりや働きかけにより安心して自分の気持ちを話したり、皆さんの話を聴けたことがうれしかったです。二日間充実した時間をありがとうございました。(岩手県大槌町・Iさん・男性)

❤学ぶことすべてが斬新で驚きました。日常生活に生かしていければよりよい人間関係になると確信しています。人見知りの私でも話しやすい雰囲気のセミナーでとても楽しく受講することができました。ありがとうございました。(宮城県黒川郡・Sさん・男性)

❤SMILEの二日間ハードでしたが、楽しい学びでした。でもいろいろな考えを学び、今は実はより難しさも感じています。これから長い期間をかけて咀嚼して実践して失敗してまた試行していくのだと思います。細く長く学び続けていこうと思います。先生、仲間の皆さんありがとうございました。これからもよろしくお願いします。(仙台市・Oさん・女性)

❤すごく情報量が多くて頭の中が混乱していますが、とても深く勉強できたのとすごく楽しくできたので参加できてよかったです。二日間で学んだことを日常で活かしていきたいと思います。ありがとうございました。(宮城県黒川郡・Oさん・男性)

❤セミナーで癒されている自分を回を重ねるごとに実感しています。セミナー後は元気な自分でいることができます。高橋先生、みなさんありがとうございました。(宮城県遠田郡・Cさん・女性)

❤今までの講座とも違って難しいと思いましたが、ほかの参加者さんたちとグループワークやお話をしていく中で理解を深めていくことができました。(とは言え、まだまだ何回もテキストを読み返すことになりそうですが、、、。)SMILEでもまた素晴らしい皆さんとご一緒で来てうれしかったです。(岩手県北上市・Yさん・女性)

❤子育て真っ最中の私にはすごく刺激的な学びでした。どんな場面でもいつも問題にぶつかり、いろいろな本を読んでも何の解決もできなく、結局怒って終わらせる日が続いていたので、こんな風に子供との関係、人間関係ができるとお互いがHappyだなと思いました。それにこのアドラー心理学の勇気づけに育てられた子供たちは伸び伸びと社会へ出ていくのではないかとも感じました。まだまだ今までのクセで怒ってしまうことも多々ありますが、自分のために自分の家族のために、社会のためにこの勇気づけをどんどん取り入れていきたいと思いました。(仙台市・Iさん・女性)

❤やはりリーダーやメンバーが変われば学びも違ってくると実感しました。もう(SMILEの受講が)7~8回目ですが、今回も楽しく学べました。直子さんと距離が近くなりうれしかったです。東北で学べる幸せを感じました。微力ながら東北のアドラーに貢献していけたらと思います。章が進むたびに面白くなり、7・8章では夢中になっている自分がいました。ありがとうございました。
(岩手県紫波郡・Tさん)

❤家に帰って宿題をやっているときは難しくても楽しい時間でした。実践できてるかなあという不安感もありつつ視点が広がって子供たちを勇気づける言葉をもっと知りたいと思いました。子供を叱ることは減りましたが勇気づけるにもう少し時間がかかると思います。まだまだ奥が深いですね。アドラー心理学は周りの困り感のあるお母さんに伝えたいと思います。ありがとうございました。
(宮城県登米市・Nさん)

❤自分の母親がSMILEの内容を知っていたらどんなに幸せな子供だったのだろうかと思います。しかしそれと同時に陰を知っているからこそ光の素晴らしさをよりわかる気がします。SMILEは特に幼い子供を持っているお父さん、お母さんが学ぶと子育てがしやすくなると思うのでお勧めです。
(宮城県黒川郡・Uさん)

❤これまで受けたセミナーでは、いつも固くなり、ほがらかに自分の意見は言えませんでした。今回積極的に参加できたのはやはり高橋さんのお人柄が大きく影響していたと思います。
これまでのように厳しい視線、責められているような雰囲気、教師という肩書がなく楽しく学べたことが一番のように思います。帰宅してもう一度勉強して少しでも自分のものにできるよう努力を重ねたいと思います。どうもありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。(青森県むつ市 Kさん)

❤知識、情報の収集には関東近郊まで出かけなければ得られなかった私があるきっかけから身近で習得することができました。常に自分の能力の渇きを痛感している私にとって喉の渇きが潤うように心身が満たされました。人の心に関わっているもの同士、高橋さまとはこれからも刺激を受け合っていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。(青森県八戸市 Sさん)

❤「自分が親にされて嫌だったことは絶対にしない。」と子供を生んで思いました。しかし気づけば同じことをしているのではないかと落ち込み、苦しかったです。

SMILEを受けて新しい子育てのやり方が学べてよかったです。子供を横の関係で見るということが私の一番の課題だと思います。私が何とかしなきゃと焦らなくてもいいんだと知り安心しました。

親が謝ったらなめられるという誤解。私が間違っているとわかっていても親だからとゴリ押ししてきましたが、今気が付けてよかったです。
(岩手県滝沢村・Mさん)

❤私は自分のことが嫌いです。が、好きになること(自分を勇気づけること?)をしていかないと、誰と出会ってもうまくやっていけそうにないなと思いました。だから嫌うのは終わりにしようと思います。

今までうまくいかなかった人の顔が浮かんで来たり、苦手なタイプの生徒の顔が浮かんで来たりしました。この人たちをまず勇気づけないとと思ったし、もうできない人にはどうすればよかったかを考えて学ばせていただこうと思います。人とのやり取りを見直してこちらから言わなければならないことは伝えていこうと思いました。

✳✳や✱✱との関係は今すぐ行動を起こす気にはなれないのですが、先生が「スルーしても良い時もある。」とおっしゃったとき、すごく安心しました。自分が安心して生活していくことを一番に考えてもいいんだなと思いました。

それからどんな人にもその人なりの事情とか育つ中で抱えてきていることがあるんだなと思いました。それでも一人一人が良さを出し合ったらこの3日間のような社会が作れるかもしれないなと思えました。

きっと自分を好きになろうと考えても(頑固なこれまでの自分=自分なんてという気持ちを持った自分)、グルグルとなろうとする自分との間で行ったり来たりすると思いますが、もとに戻るのではなくなりたい自分に向かっていけるようにしたいと思いました。3日間ありがとうございました。

「そうか、そうか。」と、自分の声を聞いてあげようと思います。

(岩手県一関市・Kさん)

❤難解なことは何も言っていないのに、生活の場で実践するのはこれほど難しいことがあるでしょうか。
「尊重」と「尊敬」
相談者のことを尊重はしても尊敬できていたでしょうか。相手を自分より低い人、できない人として対応していました。

「ひとりの人間として対等である。」
ここをしっかり実践していけるかどうか。頭の中ではわかっています。そう思っています。子供にもそう言っていましたし、馬鹿にする発言があると「その子は本当にできない子、そんな子なの?本当は別なことをしたいんじゃないの?」などと言っていましたが、、、。

見かけの良くない人、話し方の下手な人、表現できない人も優劣をつけないで対する!自分のことも優れていなくてもいいんだよと言ってあげたいです。
(宮城県多賀城市 Iさん)

❤具体的な言い方を教えていただいて実行していきたいと思っています。自分のことを理解していないのは自分のことなんだなと思うことができました。

できない自分で駄目だと感じているのは自分なので、もっとそんな自分でいいと感じられるようにしていきたいと思います。

みんなの意見を出し合って考える姿を実行していけるようにしたいです。
(山形市 Sさん)

❤感受性の強い娘との関係に危機感を覚え、親子関係の見直しのために受講しました。進めるうちにうすうす気が付いていた私の過干渉の問題がやっぱりまずかったと確信に変わりました。(載っていた悪い例そのままだったのでテキストを読むのがつらいくらいでした。)

一方で問題だと思っていた娘が思ったほど悪くないこと、そして家庭の中で話し合いの場があることなど、よい面も確かにあったことなどに気が付くことができました。

まずは私の行動として相手を認め、信頼することが課題です。私は心の中にためておくと容量不足になるので家族に私の方針は変わるとオープンにして、家族にも協力してもらおうと思います。

高橋先生、人生相談のような話に、ニコニコ応じていただきありがとうございました。
(仙台市 Nさん)

❤2日間ありがとうございました。アドラー心理学のSMILEは「目からうろこ」が多くて、とても面白かったです。アドラー心理学を使って子育てをしたら本当の意味での「家族」「家庭」が築けるのではないかと思いました。
一人一人が対等で、一人一人が貢献していて、一人一人が尊重される。間違った個人(個性)の捉え方がされている今、本当に必要だな~と思いました。そういう家庭で社会を学んだ子どもたちはきっと日本を良くしていくだろうし、そんな人が増えたら日本は世界をもっと良くしていける、、なんて夢は広がります。広がりすぎ!?
でも世界や日本をもっと幸せにするには、家庭(家族)を幸せにすることが必要で、アドラー心理学はその役に立つと思いました。東北はゆっくりだけど、少しずつ少しずつでもいいから、着実に広がっていけばいいなと願わずにはいられません。
2日間本当にありがとうございました。せっかく学んだことなので日常で活かせるように取り組んでいきたいと思います。今回参加して本当によかったです。ありがとうございました。(仙台市・Sさん)

❤今日の出会いにとても感謝しています。一日目はとても緊張して追いついていくのに大変でしたが、二日目は皆さんと仲良くなれて楽しくお勉強できました。SMILEの方法を子育てに活用して家族、人間関係に役立てていきたいと思います。本当にありがとうございました。(石巻市・Aさん)

❤高橋先生、2日間ありがとうございました。昨夜も夕食をご一緒させていただきいろいろなお話を聞けてよかったです。SMILEを受けてみて息子たちとの関わりを見直すことができました。腑に落ちた部分も多く、何よりもさらに子どもたちを信頼することができ、それが自分の自信にもなりました。札幌から仙台へ来て先生の下で学び、素晴らしくあたたかい仲間と出会えましたことがとても嬉しいです。これから日々SMILEを浸透させていきたいと思いました。本当にありがとうございました。感謝をこめて。(札幌市・カウンセラーFさん)

❤アドラー心理学の本はこれまで何冊か読みましたが、SMILEの説明がこれまでで一番納得できるものだった気がします。アドラーの理論を実生活の中でどう生かしたらよいかがよくわかりました。これまでの疑問もだいぶクリアになりました。良いお仲間とご一緒できたのでディスカッションも楽しく参考になりました。高橋先生の明るいお人柄の影響も大きかったと思います。「SMILEで私自身が変わった。」というお言葉は何より励みになりました。2日間ありがとうございました。(山形市・臨床心理士Sさん)

基礎講座を受講して下さった方々のご感想

❤アドラーの世界が少しずつ私の中で育ち始めている気がしています。幸せです。(宮城県仙台市・Sさん)

❤毎回違う気づきを得られるので楽しく参加しています。メンバーが変わると考え方も見え方も違ってくるのが面白いです。(宮城県多賀城市・Mさん)

❤本だけでは理解できないことを詳しく説明していただき理解が深まりました。グループでいろいろな意見をうかがえたことも大変参考になりました。ありがとうございました。(宮城県松島町・Oさん)

❤今回初めての参加でしたが皆さんのご意見をうかがってハッとさせられた部分もありましたし、感慨深いこともありました。これからの自分の何かに活かせたらと思います。先生のお話をなるほどと思わせられることが多かったです。ありがとうございました。(宮城県仙台市・Wさん)

❤2回目の受講です。途中参加でしたが受け入れていただける雰囲気でとても温かく、先生もフレンドリーでとてもお話が分かりやすく本だけでは難しいところもニュアンスが理解できました。今後も受講していきたいです。(宮城県仙台市・Sさん)

❤毎回考えさせられることがありできない自分と向き合っています。メンバーの方々に勇気づけの言葉をいただき、また頑張ろうと前向きな気持ちすがすがしい気持ちで家路についています。(宮城県柴田郡・Iさん)

❤はじめて参加させていただきそれぞれの考え方や見方の違いに直接触れることができとても参考になりました。またアドラーの基本についても勉強になりとても良い機会でした。本日はありがとうございました。(宮城県仙台市・Yさん)

❤3回楽しく参加させていただきました。考え方の癖を学問として捉えるアプローチは私にはとても新鮮です。何かあると最近は「自分は何が目的でこのようなことをしているのだろう」と考えられるようになりました。そうすると胸のもやもやがとれ気持ちが楽になります。癖はすぐになおらないからクセだと思うし、これを習い事として心と体に染みつけていきたいと考えます。(福島県福島市・Fさん)

❤毎回とても時間が過ぎるのが早くセミナーなのに面白かったという感想です。目的論を受けてからは相手の目的を考えることができることで相手の見る目が変わりました。楽しいセミナーをありがとうございました。(宮城県名取市・Aさん)

❤いろいろな考え方がありとても興味深く聞いていました。共同体感覚をとても大切にしているアドラーの考え方、私も大切にしていきたいです。考え方を変えればもっと心が楽に生きていけそうです。ありがとうございました。(岩手県遠野市・Wさん)

❤アドラー心理学を本で知り、さわりだけかもしれませんが実際に学べて楽しかったです。他の人の考え方なども大変興味深かったです。もっと勉強したいと思うようになりました。自分の持っていた疑問もだいぶ理解できるようになりました。ありがとうございました。

❤この講座でしか出会えない方々といろいろなお話をすることで想像よりはるかにたくさんのことに気づくことができました。自分を客観的に観察していただくことで冷静に自分を受け止めるようになってきました。実践して本当に幸せな気分で生活していけるようになりたいです。

❤参加当初は劣等感をとても感じて自分に自信がなかったのですが、回数を重ねるたびに考え方を変えることができ、ありのままの自分を受け入れられるようになってきました。目的論や課題の分離を学ぶことでとても前向きになれました。一回一回がとても充実した内容で高橋さんに出会えて本当によかったです。ありがとうございました。

❤活用したワークブックは実践と理論を同時に学べる(自分の行動を振り返るチャンスがある)点でよかったです。理論はとてもコンパクトにまとまっており、図や表でわかり易かったです。大学のゼミのような雰囲気で参加者の事例・ケーススタディのようなやり方がよかったです。
また自分なりに同時進行で他の本を読んだりしていて理解が深まりました。

❤自分の苦手な部分と、でもそれに対して頑張っているところを再認識できました。毎回メンバーが少しずつ違うのにとても暖かなグループで心地よかったです。最後の素敵なところ、良いところで皆さんにいただいた点をもっと伸ばしていきたいと思いました。ありがとうございました。

❤今日は短い時間でしたがありがとうございました。とても温かい雰囲気の中ワークや話をすることができて楽しかったです。本などで知っていたつもりでも、講義を受け改めて勉強すると、認識していたことの違いや受け止め方の違いがあることがわかりました。やはり人と人の間で学ぶことが大事だと思いました。自分ではIメッセージだと思っていたことも、Youメッセージ・評価であったことだとわかってよかったです。リフレーミングでは、自分の良さに視点を持たせてもらえたことや人と人との間の役割について話を聞けて良かったです。最後のワークでは私自身の「ゆっくり」さの意味づけをしてもらいすごくうれしかったですし、変化やスピードがある中でも大切にしていこうと思いました。また参加したいです。皆さん、高橋さん、楽しかったです。ありがとうございました。

❤講座を受けるとうわべだけでなく心から人と向き合えるようになれると思います。ここで出会う方たちがどの方も素敵でわずかな時間ですがとても充実した気持ちになります。

勇気づけられ、前向きな気持ちになれる学びの会でした。温かい参加者と学び合いながらもっともっと勇気づける人になりたいです。

❤今回もありがとうございました。回を重ねるごとにアドラー心理学の勇気づけを日常に活かしていきたいと思います。自分が毎回変わっていくのが楽しみです。一次感情をうまく表現していけるようになりたいです。

❤いつも楽しい講座をありがとうございます。講座を通して勇気づけをしてもらい元気をもらっています。自分自身に元気をためて他者貢献できるようになっていこうと思います。

❤共同体感覚について、まだ身に感じられてなかったが、今日のお話を聞いて少し前進したような気がしています。次回は自分の話ができるので準備しておこうと思います。

❤「怒り」を使わずに最初から一次感情で話せるようになりたいです。

❤話を聞いていると考えるきっかけになりおもしろいです。

❤楽しくてあっという間の2時間でした。感情、特に怒りの対処について詳しく知ることができました。来月もよろしくお願いします。

❤「嫌われる勇気」に迷った時はより大きな共同体の声を聴け、という文章がありました。どうしても目の前の事象に振り回されることが多かった自分にとって、より大きな視野を持って判断することの大切さを具体的に教えていただけ勉強になりました。「スマイル」の大切さを、学び直しの必要性を強く感じました。

❤適切な行動と不適切な行動で、本当に不適切な行動に目がいきがちです。適切な行動に目を向けたいものです。

❤他者とのかかわり方、その時の言葉の選び方、普段気を付けているつもりでもきちんとできているだろうかと改めて考えてみます。そのうえで家族や職場の人たち、お店のお客様などにも勇気づける言葉をかけていきたいと思います。

❤いつも楽しく学ばせてもらっています。アットホームで笑顔の絶えない雰囲気が大好きです。もっと多くの方々にお会いしてみたいです。勇気づけられるこの環境にぜひいらしてほしいな。

❤強制的な話ではなく、自由に考えられるような場で人からの刺激もありまた参加したいです。

❤今日の内容も興味深いものでした。ほかのメンバーさんの発言からも自分がこうでなくてはならないという思い込みを持っていることに改めて気づかされます。本を読むだけから得られるものとは大きく違うのが魅力的です。

❤自分の人生の陰と陽を振り返りその意味を帰ってからもう一度じっくり考えてみたいと思います。自分を見つめることが大切なことを知った一日でした。ありがとうございました。

❤ライフタスクについて学びました。自分の人生について客観的に振り返ることができました。思っていたよりも自分の人生に対して満足度が高いことにびっくりしました。家族や今の環境に感謝したいという気持ちになれました。今の自分ならどうするかという対処も自分で見つけられたりするんだな~と思いました。

❤自分の性格を全体的にかつ相対的に見つめたことはなかったので参考になった。文字や図式化することで自分が考えていたイメージと合っていないことに驚いた。生きてきた年代をどういう状況だったかを振り返ってみて面白かった。さらに自分でもう一度考えてみたい。ただ失敗の経験から何を学んでどう対処すべきかはまだ文字にできていない。

❤今日は仕事上のヒントも皆さんからいただきました。実行してみます。それから「失敗」について。大きな失敗は思いつかなかったけれど、小さな失敗は結構あります。そこから何を読み取るか、、ですね。

❤ライフタスクチェックをして、普段意識したことがないことばかりでとても考えてしまいました。改めて思い起こすことによって現在の自分の課題や考えを振り返ることができました。先生はじめ皆さんのお話も楽しくとても良い時間を過ごせました。

❤人生の陰と陽のメッセージ、陰のメッセージから何を学ぶか、もう一度家に戻ってから、私はこれまでの人生の中から何を学んできたか考えてみたいと思います。(あまりに辛すぎて、あまり振り返ってこなかったように思いますので。)

❤参加しているだけで非常に楽しく勇気づけられるのですごく居心地がよかったです。少しずつでもいいので「勇気づける人」になれるように行動していきたいと思いました。月に一回と言わず毎週でもやってもらいたい。次回も参加します。ありがとうございました。

❤今回もありがとうございました。先生がご自分の家庭環境をお話されたときに「自分が幸せになることを選ぶように。」とおっしゃったのが印象的でした。仮に家族(小宇宙)での刷り込みが間違った信念になっていたとしても、それに気づいて自分の概念を変えればいいのだとわかりました。

❤ライフスタイル診断をして自分の理解と同じであることを認識した。自分のライフスタイルを嫌いと思っていた時期もあったが、今はアドラー心理学を学びそんな自分を受け入れようとしている。今日はライフスタイル別の会話を勇気づけに置き換えるグループワークをしたことで個性を生かしつつ気持ちが楽になりました。ありがとうございました。

❤ライフスタイル診断での自分の特性への気づきが第一回で行ったゲームでの気づきにリンクしました!一回ごとに思わぬ気づきに出会えて、またそれぞれがつながっているのがとても面白いですね。アドラー心理学に出会ってから日々の生活が楽しくなっていく予感がしています。

❤今日もありがとうございました。ライフスタイルがわかってくると少し恥ずかしいような(自分がはっきりとあらわになってしまう)気持ちになりますが、おもしろいです。自分に対してたくさん嘘をついていることもわかりました。あえて苦労することを選ぶのではなく、自分が「快」なのか「不快」なのか、どちらを感じているのかをもっと気にしてみたいです。

❤本で学んだことを高橋さんに質問しながら学びを深められることがありがたいです。これからも通い続けます。よろしくお願いします。

❤今日は普段考えることが少ない自分自身のことについて深く知ることができました。また本当に色々な意見の人がいて同じ人はいないんだと改めて思い、どんな人の意見もこれからは否定せずに違いを受け入れ理解していきたいです。ありがとうございました。

❤最近疲れていました。だから来ました。
ゲス・フーでは「こういうの苦手だー。」と思いながらやりましたが、のりきったのでそれでよいということにしました。前よりは気楽にできました。(深刻になりすぎない自分を見つけました。)
ワークでは、自分がどういう行動を嫌っていて何を大切に思っているのかがわかりました。もっと質問を同じグループの方にすれば自分の理解も進みグループの方のためにもなったのだろうと思いました。
朝と昼と夜と境界があいまいな生活だったので区切りをちゃんとつけてオセロの法則で一日を良いものにできるようにしたいです。考え方一つで一日の捉え方も変わると思いました。

❤自分の中にある自分の知らない部分が明らかになったと思います。自分で自分のことを知ることで「あ、自分って嫌な人間だ」と思ってしまったが前向きにとらえるようにしていきたいです。充実した講義、演習でした。ありがとうございました。

❤今回人生で初めて心理学のセミナーに参加しました。最初は「これで本当に心理がわかるのか?」と思っていましたが、学んでいくうちに自分を少し理解できたし、学んだことをすべて実践するのは最初は無理かもしれませんが少しずつできるようになりたいです。
今後の自分の進路も違う道を探してみようと思いました。今日はありがとうございました。

❤今日の講座は話を聞くだけの講座ではなく、インタビュー形式の自己紹介など楽しく学べました。また物語を読んでの感想・考え方が違い、とてもためになる講座でした。

❤私的論理で自分とは違うほかの方のものの見方を知ることができ新たな発見ができました。「勇気づけ名人」になるための三つのステップの具体的な実習がしてみたかったです。

❤盛りだくさんの内容でしたが、自分の考えを振り返り他の方の考えを聴くことで、同じものを見ていても違う考えをしているという認知の違いに改めて気づかされました。相手の価値観を認め、人は自分と違うという前提で人と付き合っていくという考え方を学びました。職場でも家庭でも活かしていきたいと思います。本日はありがとうございました。

❤今日はありがとうございます。皆さんとワークして、自分の中にあった疑問や困ったことをシェアしていただき気持ちがとても楽になりました。改めて共感してもらえることってうれしいなと思いました。とても分かりやすい講座でしたのでまた参加したいです。

❤聴くだけの講義と思っていましたが体験型のゲームでは気づきがありとても面白く実感できる講義内容でした。もっとアドラー心理学を体験したいと思いました。読書だけから得られるものとは大きく違います。

❤他の人の価値、自分との違いにいつも驚かされます。だからこそ自分も他者の意見も大切にしながら生きていかなければならないと思いました。認知についてもう少し勉強を深めたいと思います。

❤緊張しつつの参加でしたが、皆さんの雰囲気に助けられました。本を読んでいるだけよりも理解できます。

ELMを受講して下さった方々のご感想

❤今日ははじめてこういった活動に参加でき、人と関わることって楽しいことだと思えました。なかなか勇気を出せずにいますが、少しずつ自分を勇気づけて楽しくしていけたらいいなあと思いました。自分一人で勉強しているだけでは見えないことが他の人から教えてもらえるという点がプラスになりました。今日はありがとうございました。

❤毎回考えさせられることが多く、すべてを自分の中に取り込めてはいませんが、一つ一つの学びから自分自身が少しずつ広く大きく解放されていく感じがしました。これからもよろしくお願いします。

❤自分の心を二の次、三の次にしていたことに気づきました。自分の欠点だと思っていたところも周りの人の嫌だなと思っていたところも見方を変えれば決して欠点ではないと思えれば、また一つ明日からの人間関係が楽になるな~と思いました。

❤「ほめると勇気づけの違い」や「リフレーミング」を学び、ほかの受講者から「よい出し」を聴いて、自分への感謝状を書きました。これからますます楽しく生きていきます。

❤ほかの人を良く観察する。そうすることによって相手に何のメリットがあるか相手の目的を考えると感情も使わなくて良くなる。⇒印象的でした。とにかく感情的に声を出す、声をかける前に、ふと間を置く習慣をつけるよう努力したいと思います。

❤なんでも自分で決めてやっているのだと改めて思いました。先生がおっしゃったとおり前よりは「自分は自分でよい」と思えるようになったと思います。それは自分のことを知りたくないけれど(今のままのほうが楽という意味で)知ることができたからだと思います。学びに来てよかったです。ありがとうございました。

❤不適切な行動というところに、教員は頭を悩ませることが多いと思います。その不適切さもそうせざるを得ない環境での生育歴に目を向けてみることで違ったアプローチができるのかなと思いました。一見不適切に見える行動もその子にとってのメリットやその子にとっての善は何か、という視点で分析してみようと思います。

❤「できない」は「しない」「自分の行動は自分で決める」を心において生きていこうと思いました。

❤人と接することを何も考えずに過ごしてきましたがアドラー心理学に出会ったことで周囲との関係をさらによくしていけそうです。繰り返し繰り返しスキルアップしながら自分の苦手な部分を認めていきたいと思います。

❤相手と対等な立場で話をするーたとえそれが親子であってもーという当たり前のことを確認できました。子供が黙り込むような命令口調を止めて、NOを言えるお願い口調の会話をできるようになりたいと願っています。NOを言われたときに「なんで?」とイライラするのは自分の価値観に固執してしまうからです。NOと言われたらそういう会話に持って行けたことをまず評価して、そのNOから子供の価値観を理解しようとする親になりたいです。

❤優しい命令口調にならないようにしたいと思います。私は主張的だと思っていましたが言えないこともあったんだなと気が付きました。言えないことをひとつひとつ言えるようにしていくと現状を変えていけるのではないかと思いました。実行していきたいと思います。

❤人と接することを何も考えずに過ごしてきましたがアドラー心理学に出会ったことで周囲との関係をさらによくしていけそうです。繰り返し繰り返しスキルアップしながら自分の苦手な部分を認めていきたいと思います。

❤相手と対等な立場で話をするーたとえそれが親子であってもーという当たり前のことを確認できました。子供が黙り込むような命令口調を止めて、NOを言えるお願い口調の会話をできるようになりたいと願っています。NOを言われたときに「なんで?」とイライラするのは自分の価値観に固執してしまうからです。NOと言われたらそういう会話に持って行けたことをまず評価して、そのNOから子供の価値観を理解しようとする親になりたいです。

❤優しい命令口調にならないようにしたいと思います。私は主張的だと思っていましたが言えないこともあったんだなと気が付きました。言えないことをひとつひとつ言えるようにしていくと現状を変えていけるのではないかと思いました。実行していきたいと思います。

「アドラー東北・不登校克服プログラムを受けられた方のご感想」

❤子どもが2週間で学校へ行きだしました。(仙台市・Kさん)

❤子どもがとても傷ついていることを知り、夫婦で協力して子供を勇気づけていこうと決め、取り組めるようになりました。(登米郡・Nさん)

❤子供との関係を見直す結果となり、シートに日々の記録を付けることで、自分は気が付かなかったけれど、子どもからこんなに貢献してもらっていることに気付くことができました。子どもは自分の進路について考え始め行動を起こすようになっています。(仙台市・Aさん)

❤子供のことをきっかけに夫婦で話し合いを持つことができました。また自分を見つめ直すきっかけになりました。子どもが少しずつ明るくなっていくのがわかりうれしく感じています。(秋田市・Hさん)

❤克服プログラムの初回面接のときは、反抗的で子供との関係がとても悪かったのです。なんとかしたくて参加しました。発達障害があり、学校でもうまくいかないので行かない状態になっていましたし、母親である私にも「信頼できない」「無視する」など感情的に当たり散らすような場面が多々あり、どうしていいのかわかりませんでした。
二週間ぐらいして私を試すようなことがあり(「本当に自分を認めてくれているのかどうか」)、ここが踏ん張りどころですよ、と先生の励ましを受け勇気づけを続けました。
一か月が過ぎ、なんとなく子供との関係も良くなり、子どもがとてもフレンドリーに接してくれるようになりました。二か月後の今はどんな状態の子供もありのまま受け入れられる自分になっています。子供も安心して素直に自分の気持ちを話してくれるようになりました。穏やかな心で毎日子どもと過ごすことができています。SMILEの受講が楽しみでなりません。(山形市・Sさん)

コミュニティカウンセラー養成講座・受講感想

❤講座内容、講師陣200%だったと思います。専門的な視野と、具体的であり、先生方自身のお考えなど(資料も素晴らしい)を耳にし体で感じることができて参考になりました。何回でも受講したいと思いました。将来も受講したいです。(宮城県多賀城市・保育士Kさん)

❤アドラー心理学のみならず多様な方々の専門の講師の実践講座で受講してよかったと思いました。これを機に学びを深め、さらによりよい自分、カウンセラーにと思っています。(山形県新庄市・Tさん)

❤様々な分野の専門家からわかりやすく学ぶことができすべてが新鮮でした。演習により体験して学びを深められる点もよかったです。受講生の皆さんとも共同体感覚にあふれる雰囲気で過ごすことができ充実していました。ありがとうございました。(秋田県秋田市・看護師Hさん)

❤コミュニティカウンセラー養成講座を受講してカウンセリングのたくさんの学びを得ることができこれはもっと深く学ばなければと感じました。講師の先生方がとても楽しい学びの場を作ってくださり、違う視点から物事を捉える観察の大切さを感じました。(山形県酒田市・Sさん)

❤コミュニティカウンセラー養成講座の雰囲気がよく緊張することなく楽しくワークができました。また様々な先生から学ぶことができ実際の現場での話が聞けたことはとても貴重だったと思います。(宮城県多賀城市・Mさん)

❤コミュニティカウンセラー養成講座がはじまってもっとアドラーカウンセリングを知りたいと思いました。どの講座も学ぶことがたくさんありとても良かったと思います。特に八巻先生の臨床理論はとても楽しくもっと聴きたいと思いながら終わってしまった感がありました。本当に学びの多い講座でした。ありがとうございました。(宮城県黒川郡・看護師Tさん)

❤単発で2講座を受講しました。臨床心理など普段なかなか学べないことを学べました。すごく貴重な機会をありがとうございました。(福島県福島市・カウンセラーTさん)

❤第一線で活躍する講師の方々の講座と、アドラー心理学をベースにより深く学びたいという思いで受講を決めました。
カウンセリング理論&技法、沢山の事例や臨床経験に基づいたお話し、
実習を通しての学習時間と、時間以上のエッセンスが詰まっているプログラム内容でした。
いろんな職種の方々との交流も良い学びの機会となりました。
自身の心も含め、人を理解する知識と在り方、日常はじめ、様々なコミュニティでも、どんどん実践に活かしていきたいと思います。ありがとうございました。(宮城県仙台市・セラピストHさん)

感情のコントロール法と困ったときの対処法・受講感想

❤感情には目的・メリットがあるということを再認識しました。理性的回路で思考するアドレリアンになりたいと思いました。ニックネームとテーマソングは笑えるものに、には納得しました。タッピングもやってみたいです。

ニュースレターにもありましたが、「分ってほしい」とみんな思っているだと感じました。(自分も)もっと楽に楽しんでネガティブな面も受け入れていきたいなと思いました。今日もありがとうございました。

❤感情の目的について今までよりも理解を深めることが出来ました。ニックネームとテーマソングを決め取り組んでみようと思います。来るたびに(参加するたびに)一つ一つ前進できている自分が面白い!

感情のコントロールの仕方を学ぶことができました。理性的回路、難しいことですが持てるようにしたいと思います。

❤感情の目的を知るのが面白かったです。

❤自分の感情・怒りをコントロールできる方法があることは私の希望です。相手の感情を知りその感情にのらないこと。自己肯定感・自己受容が大事なこと。自分を責めることなく怒りを解消することが印象的でした。

❤時には自分のシナリオを書き、自分の感情を客観的に見て次の人間関係に役立てたいと思います。怒りの感情は本当にやっかいな感情です。今までの自分の中の苦しみをクリアにしていきたいです。

❤今日は参加してよかったです。うんうんと話聴いてました。セミナー案内見て参加しようかどうか考え参加を決定。その時点でいろんなことを考えてました。毎日の生活で今日教えていただいたことで対処していきたいです。自己肯定感も結構アップしてきたのです。

❤つい相手や自分を批判したくなってしまう自分から私メッセージに変えることが大切なんだと思いました。
わかるからできるにしていけるようにしていきたいと思います。一つのことでも人それぞれの意見があるということに気が付きました。怒りを使わなくていいようにしていきたいです。

❤本日はありがとうございました。怒りの感情について整理がつかないことがたくさんあって受講しながら怒りだと思っていたことが実は怒りだというほどのものではないのかもしれないと思うこともありました。怒りの感情というよりも日々どうやっていこうというあせりからその感情を怒りに置き換えて行動してしまっている気がしてきました。今後もたくさん勉強したいと思います。

人間関係を劇的に好転させるスリーステップセミナーご感想

❤本日はありがとうございました。一時間半という時間でしたが、アドラー心理学をしっかり学んでみたいと感じるセミナーでした。今後もセミナーなどあればぜひとも参加させていただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

❤あっという間の一時間半でした。今日の時間の中気づくことがたくさんありました。せっせと書き出してみたいと思います。自分だけじゃなく他人についても気が付けてよかったです。これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。

❤本日はこのような場を提供していただいてありがとうございます。初めて会う方々の感情や意見を聞くことができてとても貴重な時間を持てました。相手の話をもっとききだせるようになりたいと思うのですがなかなかそれが難しくてできないでいます。今後は相手の話をさえぎらないように努力します。またこういった機会をお願いします。

❤嫌いな人、好きな人が自分の目指している人だと気が付いた。ほかの方の話を聞き、人それぞれ感じ方、受け止め方、表現がさまざまであることを実感しました。スリーステップについては初めての内容ではなかったのですが、やはりこれを実行していくことを身に着けていく大切さを感じました。実行してみます。

❤あっという間でした。自分の気持ちをもっと伝えてみたいと思いました。アドラー心理学を学ぶとその先に何があるのかなあと思いました。ありがとうございました。

❤いつの間にかいっぱいいっぱいになっていた気持ちが楽になりました。笑うことも忘れていたような気がします。人の話が聴けるようになりたいです。

❤自分の気持ちを伝えなかったため(傷ついた。否定されたと感じた出来事について)負の感情が大きく膨らんでいたことに気が付きました。揺れる自分がいましたが受けて本当によかったです。

❤もっともっとお話が聴きたいと思いました。感情をコントロールしたり気持ちを伝えるということをまずはやってみる勇気をいただくことができました。

外部講師を務めたセミナー

教育に関して小学校・中学校の先生方にアドバイスをさせていただいたり、アドラー心理学を学校現場でどう生かすかについて講座をさせていただいたりすることもあります。

東北青年塾。学校の先生方へのセミナー

その際のご感想をいくつかご紹介します。

*****************

❤なんかとても自然なあったかい雰囲気の講座でした。つまり、いろいろな活動を通して参加者23名がクラスになっていったのかなぁと思いました。話し合う課題も難しく感じず、いい意味で軽く楽しめました。先生の言葉でたくさん勇気づけられたのだと思います。アドラー心理学の神髄に(ちょっとだけですが)触れた気がしました。

❤2年間みっちり特別活動畑で子どもたちどうしをつなぎ、クラスに貢献する心地よさを味わわせたいと取り組んできました。なので、アドラー心理学の「共同体感覚」などは非常にうなずける点がありました。わたしの目指す教育にとても近かったので、今までの自分の子どもへの接し方を反省しながら、楽しく4時間学ばせていただきました。「4つの誤った目標とその対応」高学年を担任するとそういった子どもにはよく悩まされました。具体的な事例と対応の仕方、大変勉強になりました。個人的にはクラス会議についてもっと学びたかったです。

❤遅れての参加が悔やまれる興味深い内容でした。今回をきっかけにいろいろと学びの枝葉を広げてみたいと思っています。「クラス会議」は行ったことがないのでチャレンジしてみたいなと思いにわいています。ベースとなる楽しさ、安心感、雰囲気づくりや否定しない、されない基本“観”といった部分が特に大切なこともよくわかりました。週1からでも、やってみようかな。「勇気づけ」という言葉もとても気に入りました。個人的には青年塾の場やその後の懇親会にて毎度「勇気づけ」られている自分がいます。青年塾という共同体とアドラー心理学という共同体とを重ねながら学びを深めることができました。ありがとうございました。

❤アドラー心理学は山形大学の松崎学先生より教えていただきましたが、やはり、具体的な場面での対応に悩むことが多く身についていないなあと感じていました。今日、高橋先生のお話をお聞きし、自分の考え方の土台としてもっとアドラー心理学の考え方を身につけたいという気持ちが強くなりました。クラス会議が「自分たちにとって居心地のよい形をそれぞれの学級でつくってよい」という話に勇気づけられました。これをきっかけに自分なりに本を読んだり、実践したり、更に学んでいきたいと思います。ありがとうございました。

勇気づけや共同体感覚などのアドラー心理学、とても勉強になりました。子どもと接するときの根底の部分に示唆をいただいた感じです。リラクゼーションもあり、とても穏やかな気持ちで終わっている自分を感じています。

❤とても学び多き時間でした。共同体感覚、自然の結末、論理的結末、子の行動の目的。といった考え方、見方のフレームを教えていただいたこととてもこれから役立ちそうです。意識しながら、子どもたちの前に立っていきたいと思います。ありがとうございました。

❤アドラー心理学は甘くないと高橋先生が何度もおっしゃっていたのが印象に残りました。文献では「ほめない」「罰しない」など、確かにアドラー心理学=甘い??というイメージは少しありましたが、忍耐、覚悟が必要なんだなとつくづく思いました。これまでの子どもとの関わり方をふり返り、さらに今後の接し方を学べるのは、やはりホンモノの方のお話を聞くのが一番だと感じます。たくさん勉強になりました。

❤みなさん和やかな雰囲気であっという間の半日でした。本日のアドラー心理学について今までの学びを更に深めることができました。目的論について知ることで、子どもに対する対応も変わっていくことを実感しています。一番自分自身が変わるのかもしれません。講師の高橋先生、スタッフのみなさん、ありがとうございました。

❤久しぶりの勉強会、脳みそフル回転でした。クラス会議を定期的にやられている先生の生の声が聞けたのもとてもよかったです。アドラー心理学で痛い目にあって大嫌いでしたが、リベンジしたいです。また、チャンスありましたらぜひ参加したいです。

❤塾生として初の参加でしたが、とても有意義な学びでした。最近、感じるようになったことは「実は子どもの気持ちをまったくわかっていないんじゃないのか、自分は」ということです。子どもの言動の意味や翻訳ができていないと感じるようになりました。そこで切り口の一つとしてアドラー心理学の勉強を考えていたところでした。子どもの4つの目的など、知っていると知らないとでは大きく違うように感じます。これをスタートとしてさらに学びを深めていこうと思っています。

❤アドラー心理学には、無知でしたがたいへん勉強になりました。実は・・・子どもを叱れないことに悩んでいました。叱ることは、恐怖なだけで、それほど意味がないと思いながらも子どもたちを見ていると別の先生にしかられる子の姿や「去年はたくさんしかられたからビシッとやっていたよ!」などという話など、自分はこのままでいいのかなぁと迷いが生じていました。でも、今日の話を聞き、まsない自分の考え方だなーっと少し自信がもてました。まだまだ自己責任を負わすという点で甘さがあるので、もっともっとアドラー心理学を学びたいと思いました。また、クラス会議は少し難しい気もしましたが、継続すること、意見は全て共感、反対はしない、etcぜひぜひ、実践してみたいと思いました。このような学習の場を与えてくれた青年塾、高橋直子さんに感謝します。ありがとうございました。

❤「アドラー心理学」というものに初めて触れました。「勇気づけ」という視点が新鮮でした。講座の様々な面で「つながり」を大事にした活動が組まれており、体験しながら学ぶことができました。「子どもに選択させ、責任をとらせる」何か子どもが失敗したときに「事実のみを取り上げ、相手の人格を傷つけない」「相手の気持ちをまず受け入れる(共感)」ということが特に印象的でした。学校での実践につなげていきたいと思います。

❤アドラー心理学は以前から興味を持っていたので、このような機会を作っていただいて感謝しています。以前、クラス会議に行戦したときには、かき回す児童に振り回されてしまい、途中であきらめてしまいました。今にして思えば、こちら側がこのレールに載せたいという思いが強すぎ、忍耐が足りなかったんだなぁということがわかりました。アドラー心理学では「子どもに決定させ、子どもに責任を取らせる」という部分が強いということを感じました。今の学校では子どもたちに失敗させるようなゆとり?がないと感じています。失敗から学ぶということを大切にしたいなぁと思いました。本日はありがとうございました。アドラー心理学、もっと深く学びたいなぁ。

❤今回、この講座を受けるきっかけが子どもたちにどういう視点で声をかけていくのがいのかを知りたかったからでした。自分で決めさせ責任を持たせるような声かけをすることが大切であると気づきました。自分が「~べきである」「~でなければならない」という信念が強いということにも気づくことができました。ありがとうございました。

❤アドラー心理学を本ではなく講師の先生から聞くのは初めてでした。氷山の一角を知れた(大きな学びでした)ような講座でその背景に理論や考え方をもっともっと学んでみたい、自分のものにしたいと思いました。

❤今日は一日ありがとうございました。学生時代にアドラー心理学を学ぶゼミに入っていたもので、現場に出てからは子どもたちと対等な関係を築くよう言葉かけを意識しています。子どもの自己決定に任せたい、子どもに考えてもらいたい、Iメッセージでと自分なりに取り組んでいるところです。しかし、「叱らないとダメだ」や「教師としての示しがつかない」と助言をいただくこともあり、うーん、どうしていったらいいのかなぁ(どうしていけばよかったのかなぁ)と思っていました。今日は実際に実践を特にクラス会議を体験できたのがよかったです。マニュアル通りではなく、自分と子どもたちで作る関係の中で話し合い活動を進めていきたいと思いました。ありがとうございました。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional