東北・仙台・盛岡・郡山・アドラー心理学講座 勇気づけ 不登校 子育て 自分を好きになる講座

子育ての悩み

子育ての悩み

1年365日休みのない子育て
あなたのイライラ・負担・不安を軽くする「アドラー東北の子育て講座」

あなたは今こんな問題で悩んでいませんか?

☑子育てが上手くいかずイライラしている
☑子供がいう事をきいてくれない
☑叱ることが多く疲れている
☑なんだかうまくいかないことばかりで嫌になっている
☑子どもが発達障害がありうまく付き合えない
☑子どもが不登校で悩んでいる

あなたが今子育てで悩んでいるなら次の項目をチェックしてみましょう。

☑「どういう子供に育ってほしいかが明確になっていますか?」
☑「子どもの行動の悪いところにばかり目が行っていませんか?」
☑「どんな子供の行動も目的は善であると知っていますか?」
☑「感情的になっていませんか?」

あてはまるならきっとアドラー東北で解決できます。
アドラー心理学の子育て法はシンプルで論理的・合理的な方法。

子育てに関する情報があふれている今、アドラー東北でアドラー心理学の子育て法を学びお子さんの対応に振り回される毎日から解放されませんか?

アドラー心理学の体験、またはご相談は
セミナー・勉強会・または子育て・親の会をご利用ください。

「アドラー東北4月のアドラー心理学セミナー」

仙台・4月23日(日)
アエル情報産業プラザ6階セミナールーム1(A)

アドラー心理学勉強会午前10時半~「課題の分離」(満席)
''アドラー心理学基礎講座第1回午後1時~アドラー心理学の全体像・認知論
ライフスタイル''

郡山・4月29日(土・昭和の日)
セルフミーティングルーム虎丸会議室A
アドラー心理学勉強会午前10時半~「感情のコントロール
勇気づける人になるELM第2回午後1時~感情のコントロール・主張的なものの言い方

❤「子育て・親の会(不登校を中心に)」

お子さんとの関係が悪化してどうしていいのかわからなくなっている方
お子さんが不登校で悩んでおられる方
具体的な勇気づけの方法についてお伝えします。

仙台・4月23日(日)午前9時~アエル情報産業プラザ6階セミナールーム1(A)
仙台会場特別講演・「不登校克服体験談」受講生のお1人にアドラー心理学を学んで親子関係がどう変わって行ったのか、自分がどう変わり、お子さんがどう変わり、不登校の状態がどうなったのか、についてお話をしていただきます。
郡山・4月29日(土・祝日)午前9時~セルフミーティングルーム虎丸会議室A

画像の説明

「叱らない・褒めない・勇気づけで育てるアドラー心理学の子育て法」

「5つのキーポイント」

1.叱るとその行動が助長される&問題解決にならない・勇気づけて育てる
2.子どもと尊敬と信頼をベースにしたヨコの関係を築く
3.課題を分け、支援する親を目指す
4.子供の行動の「善」を見る
5.子育ての目標を明確に持ち、話し合いで解決する家庭を目指す

アドラー東北では「アドラー心理学の勇気づけの子育てをSMILEという親子関係セミナーでご提供しております」

SMILEを受講して下さった方々の感想

思春期の子供との関係に悩んでいてアドラーの本に出会い受講しました。子供を支配しようとしていた自分に気づかされました。何から取り組んで行ったらいいのか明確になり重くのしかかっていた悩みから解放されました。(仙台市 N・Sさん)

子どもが不登校・発達障害があり、どうしたら子どもが学校へ行けるか、子どもの将来の事に悩んでいる時嫌われる勇気でアドラー心理学を知り、こんな考え方があるんだと思いSMILEを受講しました。今までの子供との関係があまり良いとは言えるものではなかったと思いました。子どもに負担をかけていたのだと思いました。SMILEで受けてうなずくことがたくさんありました。これから実践していこうと思います。(宮城県 K・Tさん)

子どもに対して怒ってばかりいる自分を変えたくて参加しました。初めてのイヤイヤ期に息づまりながらもなんとか子育てをしていました。その時に第二子が生まれ自分のキャパオーバーに。毎日怒鳴ってばかりの日々を過ごしていました。その時アドラー心理学を知り、自分と家庭の環境を変えたくて参加しました。SMILEを学ぶことで子供たちの良さを再確認。そして怒りのコントロールを身につけることでイライラしていた日々をが少しずつ変わっていくことを実感。毎日楽しく過ごさせていることに感謝できるようになりました。SMILEを知らなかったら虐待までしていたかも・・なんて考えています。今回このような機会を持ち学べたことに感謝しています。
(仙台市 R・Mさん)

小学5年生の息子が不登校で悩んでいたこともあり、アドラーの講座を一度受けた後、親子関係を学ぶためにSMILEを受講しました。「明るい家族」になるためには今までやっていた方法ではまずいんだなということを学びました。親子が「ヨコの関係」として、お互いに尊敬・信頼していけるように今日から家族一人一人に、夫も含め毎日勇気づけをしていきたいと強く思っています。視点が変わりました。たくさんの気づき、勇気づけに励まされました。ありがとうございます。(仙台市 I・Sさん)

❤ELMで自己受容することができていたので、次はSMILEをやってみようと思い今回参加しました。あらためて対人関係での自分の癖がわかりました。
息子に対して、旦那に対して、ママ友に対して、これからどんな幸せな関係が築いていけるかと思うととてもとても楽しみです。直子先生、ありがとうございました。(青森県つがる市-A・Tさん)

日常の子供の困った行動や職場で出会う困ったさんとの関わりかたを見直すことができます。勉強していてもつい普段の生活の中で忘れがちだった「勇気づけ」。この積み重ねなしに自分や自分の周りの人の幸せはないのだと改めて感じました。簡単に自分の習慣にはなりませんが、繰り返し参加して呼吸のように勇気づけできるようになりたいです。(八戸市・Mさん)

❤アドラー心理学を学べば学ぶほど他人や家族との関係がとても楽になりました。様々な行動は誰の課題なのかと常に自分に問いかけ、共同の課題にして解決したりと少しずつ自分に変化が出てきました。勇気づけをたくさんして娘の自立を促していく努力をしていきたいと思います。(山形県 Rさん)

❤危機的な状況の時ほど本当のチャンスと考えることができました。不登校というきっかけで自分を変えるチャンスを与えてくれた子どもにも感謝です。セミナーが温かい雰囲気の中で学ぶことができました。高橋先生からいただいた言葉はすべて自分の力になりました。自分を肯定的に見られる部分がだいぶ増えました。ありがとうございました。これからもアドラー心理学を学びながら実践を続けていきたいです。(秋田市・Hさん)

親子関係でこれまで課題にしてきたことや自分自身の中で解消しきれずにいたことが毎日クリアになり具体的な行動に直結できることに手ごたえを感じました。単なる座学でなくワークを通しあぶりだされていくことも多く、また他参加者の方の目線も大きな気づきになりました。ありがとうございました。またこれからもよろしくお願い申し上げます。(仙台市・Sさん)

子育てに即活かすことができ勉強になりました。子どもが不適切な行動(と私が思っている)を繰り返す理由に思いを巡らせ日々実践しています。失敗を恐れず勇気を持って行動できる子どもに育ってくれることを願い私も勇気づけられる人になりたいと思っています。ありがとうございました。
(秋田県能代市・主婦・Sさん)

❤ロールプレイなどをはさみながらできたのが良かったです。論理的解決などまだ自分の中で咀嚼できていない点もあるのでもう一度、二度と・・本を読んだりしながら深めたいです。自分の仕事、子育てのためにと申し込みましたが、結局私自身が高橋さんや参加者の方からたくさん勇気づけていただきました。学んだからと言って即実践と行かない自分の弱さを十分自覚しながらもよりよく子どもと関わりたいと願う自分自身にも気づけました。理論と実践の往還、これからも続けたいです。そして自分自身の考えが「楽」になれました。(福島県郡山市・Hさん・教員)

❤セミナーを受けて子供と接するときの違和感が減り、自分がそう感じていることが子供にも伝わるのか、子供も私に対して好意的に接してくれるようになったように感じます。子供のことを「大切な信頼する友人として考える」ということ、自分にとっては大きな収穫でした。(仙台市・Aさん・女性)

子育て真っ最中の私にはすごく刺激的な学びでした。どんな場面でもいつも問題にぶつかり、いろいろな本を読んでも何の解決もできなく、結局怒って終わらせる日が続いていたので、こんな風に子供との関係、人間関係ができるとお互いがHappyだなと思いました。それにこのアドラー心理学の勇気づけに育てられた子供たちは伸び伸びと社会へ出ていくのではないかとも感じました。まだまだ今までのクセで怒ってしまうことも多々ありますが、自分のために自分の家族のために、社会のためにこの勇気づけをどんどん取り入れていきたいと思いました。(仙台市・Iさん・女性)

❤家に帰って宿題をやっているときは難しくても楽しい時間でした。実践できてるかなあという不安感もありつつ視点が広がって子供たちを勇気づける言葉をもっと知りたいと思いました。子供を叱ることは減りましたが勇気づけるにもう少し時間がかかると思います。まだまだ奥が深いですね。アドラー心理学は周りの困り感のあるお母さんに伝えたいと思います。ありがとうございました。
(宮城県登米市・Nさん)

自分の母親がSMILEの内容を知っていたらどんなに幸せな子供だったのだろうかと思います。しかしそれと同時に陰を知っているからこそ光の素晴らしさをよりわかる気がします。SMILEは特に幼い子供を持っているお父さん、お母さんが学ぶと子育てがしやすくなると思うのでお勧めです。
(宮城県黒川郡・Uさん)

❤「自分が親にされて嫌だったことは絶対にしない。」と子供を生んで思いました。しかし気づけば同じことをしているのではないかと落ち込み、苦しかったです。

SMILEを受けて新しい子育てのやり方が学べてよかったです。子供を横の関係で見るということが私の一番の課題だと思います。私が何とかしなきゃと焦らなくてもいいんだと知り安心しました。

親が謝ったらなめられるという誤解。私が間違っているとわかっていても親だからとゴリ押ししてきましたが、今気が付けてよかったです。
(岩手県滝沢村・Mさん)

❤難解なことは何も言っていないのに、生活の場で実践するのはこれほど難しいことがあるでしょうか。
「尊重」と「尊敬」
相談者のことを尊重はしても尊敬できていたでしょうか。相手を自分より低い人、できない人として対応していました。

「ひとりの人間として対等である。」
ここをしっかり実践していけるかどうか。頭の中ではわかっています。そう思っています。子供にもそう言っていましたし、馬鹿にする発言があると「その子は本当にできない子、そんな子なの?本当は別なことをしたいんじゃないの?」などと言っていましたが、、、。

見かけの良くない人、話し方の下手な人、表現できない人も優劣をつけないで対する!自分のことも優れていなくてもいいんだよと言ってあげたいです。
(宮城県多賀城市 Iさん)

❤具体的な言い方を教えていただいて実行していきたいと思っています。自分のことを理解していないのは自分のことなんだなと思うことができました。
できない自分で駄目だと感じているのは自分なので、もっとそんな自分でいいと感じられるようにしていきたいと思います。

みんなの意見を出し合って考える姿を実行していけるようにしたいです。
(山形市 Sさん)

感受性の強い娘との関係に危機感を覚え、親子関係の見直しのために受講しました。進めるうちにうすうす気が付いていた私の過干渉の問題がやっぱりまずかったと確信に変わりました。(載っていた悪い例そのままだったのでテキストを読むのがつらいくらいでした。)

一方で問題だと思っていた娘が思ったほど悪くないこと、そして家庭の中で話し合いの場があることなど、よい面も確かにあったことなどに気が付くことができました。

まずは私の行動として相手を認め、信頼することが課題です。私は心の中にためておくと容量不足になるので家族に私の方針は変わるとオープンにして、家族にも協力してもらおうと思います。

高橋先生、人生相談のような話に、ニコニコ応じていただきありがとうございました。
(仙台市 Nさん)

❤2日間ありがとうございました。アドラー心理学のSMILEは「目からうろこ」が多くて、とても面白かったです。アドラー心理学を使って子育てをしたら本当の意味での「家族」「家庭」が築けるのではないかと思いました。
一人一人が対等で、一人一人が貢献していて、一人一人が尊重される。間違った個人(個性)の捉え方がされている今、本当に必要だな~と思いました。そういう家庭で社会を学んだ子どもたちはきっと日本を良くしていくだろうし、そんな人が増えたら日本は世界をもっと良くしていける、、なんて夢は広がります。広がりすぎ!?
でも世界や日本をもっと幸せにするには、家庭(家族)を幸せにすることが必要で、アドラー心理学はその役に立つと思いました。東北はゆっくりだけど、少しずつ少しずつでもいいから、着実に広がっていけばいいなと願わずにはいられません。
2日間本当にありがとうございました。せっかく学んだことなので日常で活かせるように取り組んでいきたいと思います。今回参加して本当によかったです。ありがとうございました。(仙台市・Sさん)

❤今日の出会いにとても感謝しています。一日目はとても緊張して追いついていくのに大変でしたが、二日目は皆さんと仲良くなれて楽しくお勉強できました。SMILEの方法を子育てに活用して家族、人間関係に役立てていきたいと思います。本当にありがとうございました。(石巻市・Aさん)

❤高橋先生、2日間ありがとうございました。昨夜も夕食をご一緒させていただきいろいろなお話を聞けてよかったです。SMILEを受けてみて息子たちとの関わりを見直すことができました。腑に落ちた部分も多く、何よりもさらに子どもたちを信頼することができ、それが自分の自信にもなりました。札幌から仙台へ来て先生の下で学び、素晴らしくあたたかい仲間と出会えましたことがとても嬉しいです。これから日々SMILEを浸透させていきたいと思いました。本当にありがとうございました。感謝をこめて。(札幌市・カウンセラーFさん)

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional