東北・仙台・盛岡・郡山・アドラー心理学講座 勇気づけ 不登校 子育て 自分を好きになる講座

SMILE

SMILE

子育て&人間関係の悩みは「SMILE」で解決!!
使えるアドラー心理学・子育て&対人実践法がこれ一つで丸わかり

「迷っても困っても、SMILEがあれば大丈夫!!」

アドラー心理学の子育て&対人関係実践方法がすべて網羅されているのがSMILEです。

テキストは親子をベースに編纂されていますが、あらゆる人間関係に使えます。

アドラー心理学をベースにした対人関係法・子育て法SMILEはこんな方にお勧めです。

子育て中の方に
☑子供がさっぱりいうことをきかない
☑子育てに悩む毎日を送っている
☑ついつい感情的になり子供を叱ってしまう
☑子供の良さを活かせる子育てをしたい
☑自立した子供に育てたい
☑楽しく明るく子育てをしたい

社会人の方に
☑苦手な人とどう付き合えばいいのか知りたい
☑ストレスフルな自分の環境を変えたい
☑自分らしく生き生きと生きたい

アドラー心理学は使用の心理学・使ってこそその効果があるのです。
そのベースとなる使い方がSMILEですべてわかります

アドラー心理学は実際に体験して応用して使えてこそその良さを活かすことができます。親子・夫婦・親戚・職場の人間関係等あらゆる問題にすぐに使える内容で自分が好きと言える、思えるのもこの講座の最大の魅力です。

勇気づけ・アドラー心理学の学びを日々どんな場面でどう活かしていけばいいのかが理解でき課題をこなすことで身につけることができます。

アドラー心理学をベースにした行動の基本はSMILEに始まりSMILEに終わるといえます。

現在東北地方でSMILEを受講できるのはアドラー東北だけ。お近くの会場で受講できるこの機会をお見逃しなく。

2017年度SMILE開催要項

「1月より3回コースを仙台で」
(定員6名限定・残り座席2名様)
1月21日・2月25日・3月19日
午後13時~17時半
会場・PARM-CITY131・5E
受講料4万5千円(毎月1万5千円×3回で分割可)

SMILEは単発の受講不可です。全章受講可能な方

SMILEで学ぶことは、アドラー実践の基本

たとえば子供の行動に対しては「正の注目」「負の注目」で対応する、体験からの学び方には「自然の結末」「論理的結末」を使うこと、協力と課題の分離感情的にならずに自分の意思を伝え&話し合う方法・家族のあり方、など本を読んでもなかなか詳しく出てこない方法が章ごとにピンポイントで出てきますので、じっくり学ぶことができます。

SMILEの様子

受講料は45000円(テキスト代・税込)
45000円を1括または3回分割払いもOK(各月の受講日までに15000円×3を事前振込み)

再受講ー受講15000円(テキストはご持参ください。)

画像の説明

参加資格―どなたでも受講可能ですが、単発の受講はできません。全日程受講していただけることが条件になります。

画像の説明

「アドラー心理学の本は読んだけど、その良さはどう実際に使ってけばいいの?」が、これ一つでクリアになり、日々の指針となります。

SMILE

「嫌われる勇気」にでてくる「課題の分離」―課題の分離をどう日常に活かすのか学べるのがSMILEです。

SMILEで「課題の分離」を学ぶと自分の抱える問題がすっきり見えてきます。誰でもすぐに取り組めるのは、「話合い」―家族や職場で支え合いの気持ちが持てるようになります。

SMILEで「話し合う事」を学び、実践しましょう。

SMILEの様子

画像の説明

❤SMILEはこんな方におすすめです。
・すぐにイライラしてしまう
・子ども・他者をガミガミ怒ってしまう・腹が立つ
・自分の感情のコントロールができない
・子ども・他者の良いところを見るようにしたい
・子ども・他者の問題行動が多いと感じる
・夫婦で子育ての考え方が違う
・自分のことを好きになりたい

❤SMILEを学ぶとどうなるか?

・子ども・他者の問題行動が減ったり、気にならなくなる
・イライラすることがぐんと減る
・親子関係・他者関係がより良くなる
・子ども・家族・他者が愛おしく感じることが多くなる
・家族、周囲の人たちとの話し合いが増える
・自分の良いところをみることができる
・子ども・他者を心配することが減る
・子ども・他者の可能性を伸ばすことができる

SMILEを受けた方が一番びっくりすること
それは思いもよらない「気持ちの擦れ違い」でした。

自分が子どものためと思って言ったのに
「責められた」「非難された」「傷ついた」と子ども感じているという事実

事態が悪くなることで自分を責めて罪悪感、嫌悪感により自己肯定感を低めていく悪循環

負のスパイラルから抜け出しましょう。

自分の子供対応・他者対応の何が問題だったのか、どう変えていけばいいのかがクリアになり、苦手な人とも良好な関係が築けます。

SMILE (Seminar of Mother(Father)-child Interaction with Love and Encouragement)は、アドラー心理学を基礎に、親と子の対応の仕方についてプログラム化したものです。

日本の実情に合わせ、日本人の手によって完成した純日本製のコースです。
SMILEは、親と子に限らず、職場、友人、嫁姑、隣人、等々、あらゆる対人関係に応用できる内容でもあります。
あなたもSMILEを受講し、楽しい人間関係を築いてみませんか。
.
•自分のことが好きになります。
•自分の子ども、伴侶をはじめ、他の人々と相互信頼が築けます。
勇気づけとは何かがわかり、勇気づけのできる人になれます。
•楽しい人づきあいができるようになります。
•周職場の対人関係にも使えます。

1. あなたは子どもにこう言ったことはありませんか?
「どうして~しないの?」「もう○年生でしょ!」
「何度言えばわかるの」「早くしなさい」

2. 子どもの心は・・・
「どうせ…」「うるさいな…」「ボクは可愛くないんだ」
「どうせダメな人間なんだ」「自分はいけない子なんだ」 「嫌われているんだ」

3. 親の気持ちは・・・
「こんなに愛しているのに…」「もっとしっかりして…」
「世の中に出て恥ずかしくないように…」

4. 親と子どもの気持ちのズレ
親はまさか子どもが傷ついているとは思っていません。子どものことをよく考えているつもりなのです。私たちが親子関係、その他の人間関係でトラブルが起こるのは、このズレがあるからなのです。
このズレを戻すためには、お互いにどうすればいいのでしょうか?

5. ズレを戻すためには
親が先に子どもを理解する態度を身につけます。
対人関係においても自分のことを判らせる前に、相手を理解しようとします。

6. SMILEに参加すると
どうしたら良いコミュニケーションがとれるかがわかります。

7. 親が変われば
子どもも変わるのです…。

SMILE

画像の説明

対人関係セミナーSMILE受講者の声

***************
❤セミナーを受けて子供と接するときの違和感が減り、自分がそう感じていることが子供にも伝わるのか、子供も私に対して好意的に接してくれるようになったように感じます。子供のことを「大切な信頼する友人として考える」ということ、自分にとっては大きな収穫でした。(仙台市・Aさん・女性)

❤親と子の関係がテーマでしたが、子供がいない私も大きな学びの場でした。職場での人間関係、私と親との関係を改めて考える場でありました。また私自身の事、自分のことを見つける場であったと思います。そして何より参加者の皆さんの雰囲気、高橋先生の場づくりや働きかけにより安心して自分の気持ちを話したり、皆さんの話を聴けたことがうれしかったです。二日間充実した時間をありがとうございました。(岩手県大槌町・Iさん・男性)

❤学ぶことすべてが斬新で驚きました。日常生活に生かしていければよりよい人間関係になると確信しています。人見知りの私でも話しやすい雰囲気のセミナーでとても楽しく受講することができました。ありがとうございました。(宮城県黒川郡・Sさん・男性)

❤SMILEの二日間ハードでしたが、楽しい学びでした。でもいろいろな考えを学び、今は実はより難しさも感じています。これから長い期間をかけて咀嚼して実践して失敗してまた試行していくのだと思います。細く長く学び続けていこうと思います。先生、仲間の皆さんありがとうございました。これからもよろしくお願いします。(仙台市・Oさん・女性)

❤すごく情報量が多くて頭の中が混乱していますが、とても深く勉強できたのとすごく楽しくできたので参加できてよかったです。二日間で学んだことを日常で活かしていきたいと思います。ありがとうございました。(宮城県黒川郡・Oさん・男性)

❤セミナーで癒されている自分を回を重ねるごとに実感しています。セミナー後は元気な自分でいることができます。高橋先生、みなさんありがとうございました。(宮城県遠田郡・Cさん・女性)

❤今までの講座とも違って難しいと思いましたが、ほかの参加者さんたちとグループワークやお話をしていく中で理解を深めていくことができました。(とは言え、まだまだ何回もテキストを読み返すことになりそうですが、、、。)SMILEでもまた素晴らしい皆さんとご一緒で来てうれしかったです。(岩手県北上市・Yさん・女性)

❤子育て真っ最中の私にはすごく刺激的な学びでした。どんな場面でもいつも問題にぶつかり、いろいろな本を読んでも何の解決もできなく、結局怒って終わらせる日が続いていたので、こんな風に子供との関係、人間関係ができるとお互いがHappyだなと思いました。それにこのアドラー心理学の勇気づけに育てられた子供たちは伸び伸びと社会へ出ていくのではないかとも感じました。まだまだ今までのクセで怒ってしまうことも多々ありますが、自分のために自分の家族のために、社会のためにこの勇気づけをどんどん取り入れていきたいと思いました。(仙台市・Iさん・女性)

❤やはりリーダーやメンバーが変われば学びも違ってくると実感しました。もう(SMILEの受講が)7~8回目ですが、今回も楽しく学べました。直子さんと距離が近くなりうれしかったです。東北で学べる幸せを感じました。微力ながら東北のアドラーに貢献していけたらと思います。章が進むたびに面白くなり、7・8章では夢中になっている自分がいました。ありがとうございました。
(岩手県紫波郡・Tさん)

❤家に帰って宿題をやっているときは難しくても楽しい時間でした。実践できてるかなあという不安感もありつつ視点が広がって子供たちを勇気づける言葉をもっと知りたいと思いました。子供を叱ることは減りましたが勇気づけるにもう少し時間がかかると思います。まだまだ奥が深いですね。アドラー心理学は周りの困り感のあるお母さんに伝えたいと思います。ありがとうございました。
(宮城県登米市・Nさん)

❤自分の母親がSMILEの内容を知っていたらどんなに幸せな子供だったのだろうかと思います。しかしそれと同時に陰を知っているからこそ光の素晴らしさをよりわかる気がします。SMILEは特に幼い子供を持っているお父さん、お母さんが学ぶと子育てがしやすくなると思うのでお勧めです。
(宮城県黒川郡・Uさん)

❤これまで受けたセミナーでは、いつも固くなり、ほがらかに自分の意見は言えませんでした。今回積極的に参加できたのはやはり高橋さんのお人柄が大きく影響していたと思います。
これまでのように厳しい視線、責められているような雰囲気、教師という肩書がなく楽しく学べたことが一番のように思います。帰宅してもう一度勉強して少しでも自分のものにできるよう努力を重ねたいと思います。どうもありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。(青森県むつ市 Kさん)

❤知識、情報の収集には関東近郊まで出かけなければ得られなかった私があるきっかけから身近で習得することができました。常に自分の能力の渇きを痛感している私にとって喉の渇きが潤うように心身が満たされました。人の心に関わっているもの同士、高橋さまとはこれからも刺激を受け合っていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。(青森県八戸市 Sさん)

❤「自分が親にされて嫌だったことは絶対にしない。」と子供を生んで思いました。しかし気づけば同じことをしているのではないかと落ち込み、苦しかったです。

SMILEを受けて新しい子育てのやり方が学べてよかったです。子供を横の関係で見るということが私の一番の課題だと思います。私が何とかしなきゃと焦らなくてもいいんだと知り安心しました。

親が謝ったらなめられるという誤解。私が間違っているとわかっていても親だからとゴリ押ししてきましたが、今気が付けてよかったです。
(岩手県滝沢村・Mさん)

❤私は自分のことが嫌いです。が、好きになること(自分を勇気づけること?)をしていかないと、誰と出会ってもうまくやっていけそうにないなと思いました。だから嫌うのは終わりにしようと思います。

今までうまくいかなかった人の顔が浮かんで来たり、苦手なタイプの生徒の顔が浮かんで来たりしました。この人たちをまず勇気づけないとと思ったし、もうできない人にはどうすればよかったかを考えて学ばせていただこうと思います。人とのやり取りを見直してこちらから言わなければならないことは伝えていこうと思いました。

✳✳や✱✱との関係は今すぐ行動を起こす気にはなれないのですが、先生が「スルーしても良い時もある。」とおっしゃったとき、すごく安心しました。自分が安心して生活していくことを一番に考えてもいいんだなと思いました。

それからどんな人にもその人なりの事情とか育つ中で抱えてきていることがあるんだなと思いました。それでも一人一人が良さを出し合ったらこの3日間のような社会が作れるかもしれないなと思えました。

きっと自分を好きになろうと考えても(頑固なこれまでの自分=自分なんてという気持ちを持った自分)、グルグルとなろうとする自分との間で行ったり来たりすると思いますが、もとに戻るのではなくなりたい自分に向かっていけるようにしたいと思いました。3日間ありがとうございました。「そうか、そうか。」と、自分の声を聞いてあげようと思います。
(岩手県一関市・Kさん)

❤難解なことは何も言っていないのに、生活の場で実践するのはこれほど難しいことがあるでしょうか。
「尊重」と「尊敬」
相談者のことを尊重はしても尊敬できていたでしょうか。相手を自分より低い人、できない人として対応していました。

「ひとりの人間として対等である。」
ここをしっかり実践していけるかどうか。頭の中ではわかっています。そう思っています。子供にもそう言っていましたし、馬鹿にする発言があると「その子は本当にできない子、そんな子なの?本当は別なことをしたいんじゃないの?」などと言っていましたが、、、。

見かけの良くない人、話し方の下手な人、表現できない人も優劣をつけないで対する!自分のことも優れていなくてもいいんだよと言ってあげたいです。
(宮城県多賀城市 Iさん)

❤具体的な言い方を教えていただいて実行していきたいと思っています。自分のことを理解していないのは自分のことなんだなと思うことができました。

できない自分で駄目だと感じているのは自分なので、もっとそんな自分でいいと感じられるようにしていきたいと思います。

みんなの意見を出し合って考える姿を実行していけるようにしたいです。(山形市 Sさん)

❤感受性の強い娘との関係に危機感を覚え、親子関係の見直しのために受講しました。進めるうちにうすうす気が付いていた私の過干渉の問題がやっぱりまずかったと確信に変わりました。(載っていた悪い例そのままだったのでテキストを読むのがつらいくらいでした。)

一方で問題だと思っていた娘が思ったほど悪くないこと、そして家庭の中で話し合いの場があることなど、よい面も確かにあったことなどに気が付くことができました。

まずは私の行動として相手を認め、信頼することが課題です。私は心の中にためておくと容量不足になるので家族に私の方針は変わるとオープンにして、家族にも協力してもらおうと思います。

高橋先生、人生相談のような話に、ニコニコ応じていただきありがとうございました。
(仙台市 Nさん)

❤2日間ありがとうございました。アドラー心理学のSMILEは「目からうろこ」が多くて、とても面白かったです。アドラー心理学を使って子育てをしたら本当の意味での「家族」「家庭」が築けるのではないかと思いました。

一人一人が対等で、一人一人が貢献していて、一人一人が尊重される。間違った個人(個性)の捉え方がされている今、本当に必要だな~と思いました。そういう家庭で社会を学んだ子どもたちはきっと日本を良くしていくだろうし、そんな人が増えたら日本は世界をもっと良くしていける、、なんて夢は広がります。広がりすぎ!?

でも世界や日本をもっと幸せにするには、家庭(家族)を幸せにすることが必要で、アドラー心理学はその役に立つと思いました。東北はゆっくりだけど、少しずつ少しずつでもいいから、着実に広がっていけばいいなと願わずにはいられません。

2日間本当にありがとうございました。せっかく学んだことなので日常で活かせるように取り組んでいきたいと思います。今回参加して本当によかったです。ありがとうございました。
(仙台市・Sさん)

❤今日の出会いにとても感謝しています。一日目はとても緊張して追いついていくのに大変でしたが、二日目は皆さんと仲良くなれて楽しくお勉強できました。SMILEの方法を子育てに活用して家族、人間関係に役立てていきたいと思います。本当にありがとうございました。
(石巻市・Aさん)

❤高橋先生、2日間ありがとうございました。昨夜も夕食をご一緒させていただきいろいろなお話を聞けてよかったです。SMILEを受けてみて息子たちとの関わりを見直すことができました。

腑に落ちた部分も多く、何よりもさらに子どもたちを信頼することができ、それが自分の自信にもなりました。札幌から仙台へ来て先生の下で学び、素晴らしくあたたかい仲間と出会えましたことがとても嬉しいです。これから日々SMILEを浸透させていきたいと思いました。本当にありがとうございました。感謝をこめて。
(札幌市・カウンセラーFさん)

❤アドラー心理学の本はこれまで何冊か読みましたが、SMILEの説明がこれまでで一番納得できるものだった気がします。アドラーの理論を実生活の中でどう生かしたらよいかがよくわかりました。これまでの疑問もだいぶクリアになりました。

良いお仲間とご一緒できたのでディスカッションも楽しく参考になりました。高橋先生の明るいお人柄の影響も大きかったと思います。「SMILEで私自身が変わった。」というお言葉は何より励みになりました。2日間ありがとうございました。
(山形市・臨床心理士Sさん)

********************

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional