仙台・盛岡・アドラー心理学講座  子育ての悩み 不登校 身近な人間関係の悩み 自分を好きになる講座

子どもとの関係

子どもとの関係

アドラー東北にはお子さんの問題で悩んで足を運ばれる方が多いです。それはアドラー心理学が子育ての分野を得意とし、子どもの問題を解決する臨床の中から生まれた心理学であるからでもあります。

一口に子育ての問題、子どもの問題と言っても人によって様々です。「生活習慣に関わる問題」「親子関係の問題」「学校との間の問題」「子どもの交友に関する問題」などがあります。
ご相談やお悩みとして多いものを取り上げ簡単ですが解説していきます。お役に立つとうれしいです。

またアドラー心理学の子育ての全体像をつかみ明確な指針を学ばれたいのであれば「愛と勇気づけの親子関係セミナーSMILE」の受講をお勧めします。

このSMILEは、アメリカで体系化された親子プログラムを日本人向けに編集したもので、現在まで多くの受講生によって親子関係の改善に役立てていただいています。アドラー東北でもたくさんの方に受講していただいている定番のコースです。どうぞご活用ください。
SMILEのご案内はこちらから⇒SMILE

画像の説明

アドラー流子育てで大事なことは「どうしたら体験から学んでもらえるか?」ということ。

体験を通して自分で考え学習してもらう、自分で考え行動する子どもに育つのがアドラー心理学の子育てであり、それこそが自立へつながると考えます。

親にできることは「子どもが体験から学ぶことを邪魔しないこと」であり、アドラー心理学の子育て方法には「邪魔しないために必要な方法を学んでもらう」事です。

子どもの生活習慣上の問題
朝起きられない、忘れ物をする、勉強をしない、宿題をしない、偏食をする、指しゃぶり、赤ちゃんがえり、部屋を片付けない

お子さんの生活習慣上の問題はほとんどが本人の問題です。でも親としてこれからお子さんが社会の中で生きていくのに困らないような習慣をつけてもらいたいと思うのは当然のことと言えるでしょう。

「朝起きられない場合」今までの方法ではほとんどの場合には「朝起きてこなければ起こす」「叱ってでも起こす」、または結果として「起きる・起きない」で喧嘩になってしまったりすることもあるでしょう。

親が介入して無理やり起こすという方法だとどんなお子さんの思考が出来上がり今後に弊害が起きる可能性があるでしょう?

体験から学ぶことを大事にするアドラー心理学の子育てではどうなるでしょう?

まず「朝起きないことで何が起きるのか?」を体験してもらいます。学校に遅刻したり、朝ごはんを食べられなかったり、あわてて忘れ物をしたり、本人が困ることがたくさん起きるはずです。

その後体験してもらったことから何を感じたかを話し合います。

起きられないことで何が起きたのか?それで自分は困ったのか?解決したほうがいいと思うかどうかなどを話し合います。

本人が解決したいと思わない場合には、その後も何度も体験してもらうという選択肢もあるかもしれません。本人がこれでは駄目だ、なんとかしなくてはと思って初めて親は協力できるのです。

「困っているようだね。一緒に解決方法を考えてもいいけどどうする?」と問います。
親子で解決の方法をあれこれ考えてできそうなことから子どもに選んでもらい実際にやってみます。または子どもが自分で考えて自分で方法を伝えてくることもあるでしょう。

時には「一度だけでいいから起こしてほしい」と頼まれるかもしれません。
「協力を求められたらできるだけ協力する」のがあくまでも親のスタンスです。

子どもとの関係の問題
反抗的である、親のせいにする、依存的である、自分で決められない、自立できない

学校との間の問題
担任の先生とうまく行かない、クラスになじめない、友達ができない、勉強についていけない

子どもと他者の関わり上の問題
悪い子供と付き合っている、同年代の子供とけんかが多い、孤立している、大人が怖い、人見知りが激しい、暴力や暴言を吐く

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional